富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

新型コロナウイルス感染症に関する情報

更新日:2023年01月16日

新型コロナウイルス感染症に関する情報

「みやぎ医療ひっ迫危機宣言」が令和5年2月13日まで延長されました

 宮城県では、感染者数・病床使用率ともに高止まりの状況が続いているほか、保健医療の負荷の状況も依然高い状況が続いていることから「みやぎ医療ひっ迫危機宣言」を延長する(延長期間:1月17日~2月13日)ことが決定されました。
 市民の皆さまにおかれましては、家庭内においても室内を定期的に換気を行い、基本的な感染対策を徹底し、できるかぎり早期にオミクロン株対応ワクチンの接種にご協力をお願いするとともに、下記対策の徹底をお願いいたします。

【医療体制機能の維持】
・発生届の対象とならない方は、検査キットによる自己検査を行うほか、陽性者サポートセンターを利用すること
・医療機関への過度な負担を軽減させるため、救急外来及び救急車の利用は適切に行うこと

【感染拡大防止措置】
・効果的な換気、不織布マスクの着用、手洗い等の手指衛生など、県民一人ひとりが基本的な感染対策を徹底すること。
・近距離での会話など、場面に応じてマスクを正しく着用すること。
・感染に備えて、市販薬や抗原定性検査キット、食品、日用品などを準備しておくこと。
・普段から体調管理に努めるとともに、体調がすぐれない場合には、外出、出勤、登校・登園等を控えること。
・感染リスクの高い場所への外出など、感染拡大につながる行動を控えること。
・習い事・学習塾、友人との集まり等での感染に特に気を付けること。
・できるかぎり早期にオミクロン株対応ワクチンの接種を受けること。
・保護者は、生後6か月~4歳の乳幼児、5~11歳の小児のワクチン接種について検討すること。
・飲食店を利用する際は、認証店※などの適切な感染対策を講じている店舗等を利用し、店の求める感染防止対策に協力すること。
・会食・食事の際は、⾧時間・大声を避け、会話の際のマスク着用を徹底するなど、「うつさない」 「うつらない」行動の徹底に努めること
・帰省や旅行、都道府県をまたぐ移動、大規模なイベントへの参加時などには、基本的な感染対策を徹底するとともに、移動先の都道府県やイベント主催者が要請する感染対策を遵守すること。
・感染者との接触があった場合は早期に検査を行うこと。帰省等で高齢者や基礎疾患を有する方と接する場合には事前の検査を行うこと。高齢者施設等を利用されている方は、一時帰宅時等の節目での検査を行うこと。

※ 「選ぶ!選ばれる!!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店

詳細はこちらをご覧ください
宮城県新型コロナウイルス感染症対策サイト<外部リンク>

富谷市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定事項

市が主催するイベント・会議等に関する実施方針(1月17日以降)

市主催イベント・施設の利用等について(1月17日以降)

富谷市長から市民の皆さまへのメッセージ(令和5年1月16日)

 市民の皆様、事業者の皆様並びに最前線で業務に当たっている保健医療機関の関係者の皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご理解とご協力をいただいておりますことに深く感謝いたします。

 さて、新型コロナウイルス感染症については、感染者数・病床使用率ともに高止まりの状況が続いているほか、保健医療の負荷の状況も依然高い状況が続いていることから、県は1月16日を期限とする「みやぎ医療ひっ迫危機宣言」を2月13日まで延長することを決定しました。
 保健医療の負荷軽減と感染抑制のため、検査キットによる自己検査の実施や救急外来・救急車の適切な利用、感染拡大防止措置や業務継続体制確保等といった県民への要請については、内容を変更せず、引き続きお願いしていくこととなりました。
 
 これを受けて、本市としましても、1月16日に新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、県の方針を確認し、市民の皆様には、あらためて、以下のとおり感染対策の徹底をお願いいたします。

 場面に応じてマスクを正しく着用すること、家庭内においても室内を定期的に換気するとともにこまめに手洗いを行う等、一人ひとりが基本的な感染対策を徹底することに加え、できるかぎり早期にオミクロン株対応ワクチンの接種を受けていただくようお願いします。本市におきましては、医療機関における個別接種に加え、イオンモール富谷で1月29日まで(金~日曜のみ)集団接種を実施しております。
 また、生後6か月~11歳の子どもの保護者の皆様は、子どものワクチン接種について検討してください。
 感染者と接触があった場合は早期に検査を行い、帰省等で高齢者や基礎疾患のある方と会う際は事前の検査を行うことも心がけてください。
 普段から体調管理に努めるとともに、発熱・せき・のどの痛み等、少しでも体調がすぐれない場合には、外出・出勤・登校登園等を控えるようお願いいたします。
 旅行等、都道府県をまたぐ移動は基本的な感染防止策を徹底するとともに、移動先の都道府県の要請にもご協力ください。また、会食・食事の際には、長時間・大声を避け、会話の際のマスク着用を徹底するなど、「うつさない」「うつらない」行動に努めてください。
 事業者の皆様におかれましては、今回の宣言が社会経済活動の維持と医療のひっ迫回避の両立を目指しつつ、大切な命を守るためのものであることをご理解いただき、在宅勤務の活用や時差出勤等感染リスクの低減に向け、更なる感染防止策の徹底をご協力いただきますようお願い申し上げます。

 令和5年1月16日

   富谷市長 若生 裕俊