富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

新型コロナウイルス感染症に関する情報

更新日:2021年04月04日

新型コロナウイルス感染症に関する情報

宮城県独自緊急事態宣言(3月18日から5月5日)

新型コロナウイルス感染症の急速な増加を受け、宮城県と仙台市は、独自の緊急事態宣言を発出しました。期間は令和3年5月5日まで、範囲は宮城県内全域です。

市民の皆さまにおかれましては、ご自身、ご家族の命を守るため、下記の対策の徹底をお願いいたします。

・県全域で不要不急の外出や移動を自粛してください

・特に混雑する時間帯や、混雑する場所へは、できるだけ行かないようにしてください

・多人数での旅行は自粛・延期し、家族・友人などとの少人数の旅行も、今は慎重に判断してください

・催物の開催基準に合致する場合も、集会・イベントの開催は慎重に判断してください

・職場でのクラスターが発生していることを踏まえ、休憩時間も含めた感染防止対策を徹底してください

宮城県独自緊急事態宣言(3月18日から5月5日)<外部リンク>

富谷市新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定事項

市が主催するイベント・会議等に関する実施方針(4月5日以降) [PDFファイル/311KB]

市主催イベント・施設の利用等について(4月4日現在) [PDFファイル/584KB]

富谷市長から市民の皆さまへのメッセージ(令和3年4月4日)

市民の皆様、事業者の皆様並びに最前線で業務に当たっている保健医療機関の関係者の皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご理解とご協力をいただいておりますことに深く感謝いたします。また、新型コロナウイルス感染症に感染された方々にお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。

3月18日、宮城県と仙台市において独自の緊急事態宣言を発出し、さらに21日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、仙台市内で酒類を提供する飲食店等に対する営業時間短縮の要請を行ってきたところでございますが、4月1日現在、新型コロナウイルス感染者数は、県内で6,038人となり、1日の平均の新規感染者数は2月の7.5人に対し、3月は77.9人と急増しております。また、県が医療機関と調整を行い確保している病床の使用率も65.2%というかなり逼迫した状態にあります。

この状況を踏まえ、政府は「まん延防止等重点措置」を4月5日から5月5日までの1か月間、大阪府、兵庫県、宮城県に適用することを決定いたしました。

また、宮城県と仙台市による緊急事態宣言が5月5日まで延長され、県内全域で酒類を提供する飲食店等の営業時間短縮要請が5月6日午前5時まで行われることとなりました。

本市といたしましても、このような状況を踏まえ、「市が主催するイベントや会議等に関する実施方針」及び「市主催イベント・施設の利用等について」見直しを行いました。

市民の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、「まん延防止等重点措置」が解除されるまでは、公共施設等の利用制限をはじめとする各種制限、事業の延期・中止等にご理解をいただきますようお願いいたします。

そして、引き続き市民の皆様には、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践・定着をお願いいたしますとともに、「3つの密」を避け、外出時には、施設管理者が実施する感染予防策を確認したうえで、感染防止等を徹底するなど注意して行動するようお願いいたします。また、市民の皆様には不要不急の外出や移動を避けていただきますとともに、特に混雑する時間帯や混雑する場所へは、できるだけ行かないようにしてください。加えて、大人数や長時間におよぶ飲食の自粛及び会話の際のマスク着用の徹底、歓送迎会や会食などの開催の自粛のほか、大人数での旅行は自粛・延期し、家族・友人などとの少人数の旅行も今は慎重に判断いただきますようお願いいたします。

また、今回営業時間短縮となる事業者の皆様におかれましては、要請の趣旨をご理解いただき、何卒ご協力くださいますようお願いいたします。

今後も政府・県と連携を図りながら市執行部と議会が一丸となって独自対策を含め万全の対策を講じてまいりますので、市民の皆様には引き続きご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

なお、新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する可能性のある感染症ですので、感染者に対する差別や誹謗中傷等につながるような行動は控えていただきますようお願いいたします。

 令和3年4月4日

   富谷市長 若生 裕俊

6129.jpg