富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

マスクの着用について

更新日:2022年06月13日

マスクの着用について

令和4年5月20日に、厚生労働省から「マスク着用の考え方」が示されました。
引き続き、マスク着用を含めた基本的な感染対策(三密の回避、手洗いや消毒、換気)を徹底していただくとともに、マスクの着用については、以下の考え方を参考にしてください。

身体的距離が確保できる(注1) 身体的距離が確保できない(注1)
屋内(注1) 屋外 屋内(注1) 屋外

会話を行う

着用を推奨する

(十分な換気など感染防止対策を講じている場合は外すことも可)

着用の必要はない

例)ランニングなど離れて行う運動
例)鬼ごっこなど密にならない外遊び

着用を推奨する

例)通勤電車の中

着用を推奨する
会話を殆ど行わない 着用の必要はない 着用の必要はない例)徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うような場面

(注1):2m以上を目安

(注2):外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など

基本的なマスク着用の位置づけには変更ありませんので、身体的な距離や会話の有無など、場所や場面に応じて適切なマスクの着用をお願いいたします。

屋外・屋内でのマスク着用について (厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/content/000942601.pdf

小学校就学前の児童のマスク着用について

子どものマスク着用については、以下の通り国から取り扱いが示されています。

  • 2歳未満(乳幼児)は引き続き、マスク着用を奨めない。
  • 2歳以上は、以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取り扱いに戻す。「保育所等では、個々の発達の状況や体調等をふまえる必要があることから、他者との身体的距離に関わらず、マスク着用を一律には求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる」

子どものマスク着用について(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/content/000942784.pdf

マスクの着用と熱中症予防について

気温・湿度が高い中でマスクを着用していると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。

屋外で人と十分な距離(2m以上を目安)が確保できる場合や会話を殆ど行わない場合には、熱中症のリスクを考慮してマスクをはずすことを推奨します。

また、こまめな水分補給をこころがけ、少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。

このページに関するお問い合わせ

健康推進課