富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

ワクチン接種について(目的・接種の優先順位・費用など)

更新日:2021年06月11日

ワクチン接種について(目的・接種の優先順位・費用など)

接種の目的

新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延の防止を図ることを目的としています。

接種の対象者

原則として、接種日に富谷市に住民登録がある方(住民票がある方)が対象です。

ただし、やむを得ない事情がある場合には、住民票所在地以外の市町村で接種を受けることができます。

また、富谷市は、黒川地域(大和町・大郷町・大衡村)と共同で接種体制を整備しているため、4市町村の医療機関や接種会場で接種することができます。

接種の順番(接種の優先順位)

現時点では、次の順でワクチン接種を受けていただく見込みです。

  (1) 医療従事者

  (2) 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

  (3) 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者等施設で従事されている方 

  (4) (1)~(3)以外の方

※基礎疾患の種類については、こちらをご確認ください。

接種の費用

接種費用は無料です。

ワクチンの接種を受けるためとして現金を要求したり、個人情報を聞き出そうとする不審な電話が報告されています。市や国などが、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。

不審な電話がかかってきた場合は、最寄りの警察や消費生活センター【消費者ホットライン(全国統一番号) 188 】へご相談ください。

ワクチンの種類・接種の回数など

現在、国が契約を行ったワクチンは3種類あります。
当面の間、使用するワクチンはファイザー社製ワクチンですが、今後、複数のワクチンが使用される可能性があります。
同じ種類のワクチンを2回接種する必要があるため、できる限り1回目も2回目も同じ医療機関・接種会場で、同じワクチンを接種してください。

開発企業

薬事承認の有無

種類

接種回数

接種間隔

ファイザー社

承認

mRNAワクチン

2回

21日

モデルナ社

承認

mRNAワクチン

2回

28日

アストラゼネカ社

承認

ウイルスベクターワクチン

2回

28日


コロナワクチンと他のワクチン(肺炎球菌やインフルエンザ等)の接種間隔は14日以上
です。
コロナワクチン以外の予防接種をお考えの方は、接種間隔にご注意ください。

接種には、ご本人の同意が必要です

ワクチン接種は「努力義務」です。決して接種を強制されるものではありません。

接種を受ける方には、説明書をよくお読みください。
接種による感染症予防の効果と副反応のリスク双方について理解した上で接種に同意される場合は、予診票の同意書欄にご署名いただき、接種を受けていただくことになります。