富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

地域学校協働活動推進事業「富谷市地域・学校・家庭をつなぐ取組」

更新日:2021年11月02日

地域学校協働活動推進事業「富谷市地域・学校・家庭をつなぐ取組」

「つなぐ取組」の歴史

 この事業は、平成20年度から、「地域が元気になる! 学校が元気になる!」を合言葉に、文部科学省の「地域と学校をつなぐ取組学校支援地域本部事業」としてスタートした文部科学省・国が主導している全国的な取り組みです。
 富谷市では、「学びのまち富谷」をスローガンに、地域全体で子どもを育てる環境づくりの取り組みとして、中学校区ごとの公民館(6公民館)に、学校支援地域本部をつくり、小中学校の授業支援に取り組んでおります。
 この取組は、文部科学省・県が一体となって推進している事業です。平成23年度には「宮城県協働教育プラットフォーム事業」として、県の補助金と市の予算で事業を実施して参りました。その後、東日本大震災による国の被災地支援事業「学びを通じた被災地の地域コミュニティ再生支援事業」として、平成24年1月から県委託事業として取り組み、富谷市では、平成24年度から「富谷町地域・学校・家庭をつなぐ取組」と名称を変え実行委員会を立ち上げ事業を行っております。
 地域の皆さまに支えられながら、10数年取組を行っている事業になります。

学校教育支援

地域学校協働活動とは

 地域の高齢者、成人、学生、保護者、PTA、NPO、民間団体、団体・機関等の幅広い地域住民等の参画を得て、地域全体で子どもたちの学びや成長を支えるとともに、「学校を核とした地域づくり」を目指して、地域と学校が相互にパートナーとして連携・協働して行うさまざまな活動です。
 子どもの成長を軸とし、活動を実施していくなかで、地域の将来を担う人材の育成するとともに、地域住民のつながりを深め、自立した地域社会の基盤構築・活性化を図る「学校を核とした地域づくり」を推進し、地域の創生につながっていくことが期待されるものです。

(『学びと地域でつくる学びの未来』文部科学省HPより)

地域学校協働本部のあらまし

 地域学校協働本部とは、多くの幅広い層の地域の皆さん、団体等が参画し、緩やかなネットワークを形成することにより、地域学校協働活動を推進する体制として、平成27年の中央教育審議会の答申で提言されたものです。市内には、5つの地域学校協働本部を設置しており、各地域ごとに設定された5つのテーマで取り組んでおります。
 社会教育法第5条及び第6条の規定では、教育委員会が地域学校協働活動の機会を提供するにあたって、地域の皆さんと学校の連携協力体制の整備が求められており、地域学校協働本部の整備のための支援もその取り組みの1つに位置付けられています。

各地域学校協働本部 一覧

富谷地区地域学校協働本部(事務局:富谷中央公民館)
学校:富谷小・富谷中
学区:富谷中

富ケ丘・日吉台地区地域学校協働本部(事務局:富ケ丘・日吉台公民館)
学校:富ケ丘小・日吉台小・日吉台中
学区:日吉台中

あけの平地区地域学校協働本部(事務局:あけの平公民館)
学校:あけの平小・富谷第二中
学区:富谷第二中(鷹乃杜地区除く)

東向陽台地区地域学校協働本部(事務局:東向陽台公民館)
学校:東向陽台小・明石台小・東向陽台中
学区:東向陽台中

成田地区地域学校協働本部(事務局:成田公民館)
学校:成田小・成田東小・成田中
学区:成田中

各地域教育協議会一覧

富谷地区地域教育協議会
構 成:13名
議事録:第1回富谷地区地域教育協議会 議事録.pdf

富ケ丘・日吉台地区地域教育協議会
構 成:22名
議事録:第1回富ヶ丘・日吉台地区地域教育協議会 議事録.pdf

あけの平地区地域教育協議会
構 成:17名
議事録:第1回あけの平地区地域教育協議会 議事録.pdf

東向陽台地区地域教育協議会
構 成:13名
議事録:第1回東向陽台地区地域教育協議会 議事録.pdf

成田地区地域教育協議会
構 成:14名
議事録:第1回成田地区地域教育協議会 議事録.pdf

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課