富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

フードドライブについて

更新日:2023年07月13日

フードドライブを実施しています

フードドライブ」とは、家庭で余っている食品を持ち寄り、食料支援を必要としている方々にお届けする活動のことです。富谷市では食料支援だけでなく、食品を食べ切れずに捨てる「食品ロス」の削減を目的としてフードドライブを実施しています。

ご家庭で余っている食品がありましたら、ぜひご提供ください。

受付できる食品

 ・賞味期限が1か月以上残り、常温保存が可能なもの

 食品の例)・お米(白米、玄米、アルファ米など)
      ・インスタント食品
      ・レトルト食品
      ・缶詰や瓶詰、調味料
      ・災害備蓄食品
      ・粉ミルクや離乳食
      ・飲料 など

 ※箱や外装だけが破損し、食品に問題が無いものも受け付けています。

 ※企業の過剰在庫品のほか、パッケージの印字ミスなどの食品も受け付けています。

 ※肉・魚・野菜等の生鮮食品や生菓子は受付できません。

 ※ペット用のエサや飲み物は受付できません。

受付場所

 ・富谷市役所1階 生活環境課窓口前

 ・イオン富谷店 1階サービスカウンター
         2階インフォメーション

 ・ヤマザワ富谷成田店 サービスカウンター

 ・富谷宿観光交流ステーション「とみやど」 内ヶ崎作三郎記念館入口

富谷市フードドライブについて[チラシ]

フードドライブ 結果のご報告

多くの方々からご協力を頂き、1月分は総重量131.4kgの食品が集まりました。

寄付していただいた食品は食料支援・こども食堂などを行っている団体を通して、食品を必要としている方々に提供されます。
ご協力を頂いた皆さま、ありがとうございました。

受付期間について

食品の受付期間を令和5年2月28日までとしていましたが、多くの方々に食品ロス削減について関心を持っていただき、ご協力をいただいたことから、下記のとおり継続することとなりました。

受付期間:令和6年2月29日(木)まで

引き続き、皆さまのご協力をお待ちしています。

このページに関するお問い合わせ

生活環境課