ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > その他の税 > 「平成27年台風第18号による大雨等に係る災害」により被害を受けた場合の市税の減免等について

「平成27年台風第18号による大雨等に係る災害」により被害を受けた場合の市税の減免等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

 このたびの平成27年台風第18号等による大雨により被害を受けられた皆さんに心からお見舞い申し上げます。
 被害を受けられた方で,下記に該当する場合には,納期未到来に係る市税の減免等を受けられる場合があります。いずれの場合も申請等が必要になりますので,詳しくは各担当あてお問い合わせください。

減免制度

1 個人住民税

(1)自己(控除対象配偶者及び扶養親族を含む。)の所有する住宅または家財に損害を受けた方
 自己(控除対象配偶者及び扶養親族を含む。)の所有に係る住宅または家財につき,災害により価格の10分の3以上の損害を受けた方は,下表の区分により,対象税額を減免します。

 軽減または免除の割合
損害割合が10分の3以上10分の5未満のとき損害割合が10分の5以上のとき
合計所得金額が500万円以下であるとき2分の1全部
合計所得金額500万円超750万円以下であるとき4分の12分の1
合計所得金額750万円超1,000万円以下であるとき8分の14分の1

(2)農作物に被害を受けた方
 平年における農作物による収入額の10分の3以上の減収による損失がある方は,(1)によらず,下表の区分により,農業所得に係る所得割額について対象税額を減免します。

合計所得金額軽減または免除の割合
合計所得金額が300万円以下であるとき全部
合計所得金額が300万円超400万円以下であるとき10分の8
合計所得金額が400万円超550万円以下であるとき10分の6
合計所得金額が550万円超750万円以下であるとき10分の4
合計所得金額が750万円超1,000万円以下であるとき10分の2

2 固定資産税

 自己の所有にかかる固定資産につき災害により損害を受けた者に対しては,下表の区分により対象税額を減免します。

(1)土地

損害の程度軽減または免除の割合
被害面積がこの土地の面積の10分の8以上であるとき全部
被害面積がこの土地の面積の10分の6以上10分の8未満であるとき10分の8
被害面積がこの土地の面積の10分の4以上10分の6未満であるとき10分の6
被害面積がこの土地の面積の10分の2以上10分の4未満であるとき10分の4

(2)家屋

損害の程度軽減または免除の割合
全壊,流失,埋没等により家屋の原形をとどめないときまたは復旧不能のとき全部
主要構造部分が著しく損傷し,大修理を必要とする場合でこの家屋の価格の10分の6以上の価値を減じたとき10分の8
屋根,内壁,外壁,建具等に損傷を受け,居住または使用目的を著しく損じた場合で,この家屋の価格の10分の4以上10分の6未満の価値を減じたとき10分の6
下壁,畳等に損傷を受け居住または使用目的を損じ,修理または取替えを必要とする場合で,この家屋の価格の10分の2以上10分の4未満の価値を減じたとき10分の4

3 国民健康保険税

(1)自己(控除対象配偶者及び扶養親族を含む。)の所有する住宅または家財に損害を受けた方
 自己(控除対象配偶者及び扶養親族を含む。)の所有に係る住宅または家財につき,災害により価格の10分の3以上の損害を受けた方は,下表の区分により,対象税額を減免します。

 軽減または免除の割合
損害割合が10分の3以上10分の5未満のとき損害割合が10分の5以上のとき
合計所得金額が500万円以下であるとき2分の1全部
合計所得金額500万円超750万円以下であるとき4分の12分の1
合計所得金額750万円超1,000万円以下であるとき8分の14分の1

(2)農作物に被害を受けた方
 平年における農作物による収入額の10分の3以上の減収による損失がある方は,(1)によらず,下表の区分により,農業所得に係る所得割額について対象税額を減免します。

合計所得金額軽減または免除の割合
合計所得金額が300万円以下であるとき全部
合計所得金額が300万円超400万円以下であるとき10分の8
合計所得金額が400万円超550万円以下であるとき10分の6
合計所得金額が550万円超750万円以下であるとき10分の4
合計所得金額が750万円超1,000万円以下であるとき10分の2

雑損控除

 本人または同一生計の親族が所有する資産に損害を受けたときは,平成27年分の確定申告を行うことにより,所得税及び個人住民税の計算において雑損控除を適用できる場合があります。

納税相談

 大雨災害の被害により,市税等の納付が困難な方は,納税相談に応じます。

問い合わせ先

 ご不明なことがありましたら,お早めに下記担当にご相談をお願いします。

  • 個人住民税の減免について 住民税担当 022-358-0518
  • 固定資産税の減免について 固定資産税担当 022-358-0518
  • 国民健康保険税の減免について 国民健康保険税担当 022-358-3164
  • 納税について 徴収担当 022-358-0519

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>