ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入湯税について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

 入湯税は、鉱泉浴場を利用(入湯)された方に課税されます。納められた税金は、環境衛生施設や観光施設、消防施設などの維持管理費や観光振興の費用に活用しています。

納税義務者について

 鉱泉浴場の利用者 ただし、以下の場合は課税が免除されます。

 ・年齢が12歳未満の方

 ・共同浴場または一般公衆浴場を利用する方

申告と納付について

 鉱泉浴場の経営者は納税義務者から入湯税を徴収し、毎月15日までに前月の初日から末日までに税額を、申告および納付することになります。

 

税率について

  ・宿泊施設の利用者  1人1日あたり150円

 ・日帰り施設の利用者  1人1日あたり70円

 

 


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>