ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 口座振替納付済通知書の廃止について

口座振替納付済通知書の廃止について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月9日更新

口座振替納付済通知書の送付を廃止します

 市税・介護保険料・後期高齢者医療保険料を口座振替で納付していただいている方に対して、全納期限終了後に口座振替納付済通知書を送付しておりましたが、事務効率化及び省資源化の観点から平成31年度より廃止します。 

 振替額は各納期限日(振替日)後に、通帳への記帳により確認してください。
 ご理解とご協力をお願いします。

廃止する税及び保険料

  ○市・県民税

  ○固定資産税

  ○国民健康保険税(全納期限後の送付のみ廃止)

  ○介護保険料(全納期限後の送付のみ廃止)

  ○後期高齢者医療保険料(全納期限後の送付のみ廃止)


・ 軽自動車税の「口座振替済通知書」(車検継続検査用納税証明書)についてはこれまで通り毎年6月の中旬に発送します。

・ 確定申告用の国民健康保険税の「納付済額のお知らせ」については、これまで通り毎年1月の下旬に発送します。

・ 確定申告用の介護保険料、後期高齢者医療保険料の「口座振替納付証明書」については、これまで通り毎年1月の下旬に発送します。

・ 確定申告で、固定資産税を経費として申告する場合は、毎年5月に発送される「固定資産税 納税通知書」の「固定資産(土地・家屋)課税明細」で対象家屋、土地の「参考税額」を確認いただき、申告してください。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>