ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税 > 省エネ改修工事をした住宅の固定資産税を減額します

省エネ改修工事をした住宅の固定資産税を減額します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月31日更新

平成20年1月1日以前から存在する住宅(賃貸住宅を除く)に、次の要件に該当する省エネ改修工事を行った場合、その住宅の翌年度分の固定資産税が申告により減額されます。

改修工事の要件

  • 次の1から4の省エネ改修工事のうち、1または1と併せて行う2から4の工事であること。
    1.窓の断熱性を高める改修工事
    2.床等の断熱性を高める改修工事
    3.天井等の断熱性を高める工事
    4.壁の断熱性を高める工事
  • 改修部位がいずれも現行の省エネ基準に新たに適合すること。
  • 住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であり、補助金等を除く自己負担額が50万円以上であること。
  • 平成20年4月1日から令和4年3月31日までに行われた改修工事であること。
     

減額される期間及び税額

改修工事が完了した翌年度1年分に限り改修住宅に係る固定資産税の3分の1が減額されます。なお、長期優良住宅の認定を受けて改修されたものについては、減額される額が3分の2となります。

適用範囲

減額の適用となるのは一戸当たり120平方メートルに相当する部分です。

申告方法

原則として、改修工事完了後3ヶ月以内に、次の書類を添付し申告してください。

  • 熱損失防止改修工事証明書
  • 納税義務者の方の住民票の写し
  • (長期優良住宅を受けて改修した場合)長期優良住宅認定通知書の写し

詳しくは事前にお問い合わせ下さい。

固定資産税熱損失防止改修減額申告書 [PDFファイル/132KB]

熱損失防止改修工事証明書 [PDFファイル/91KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>