ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

 軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(これらを軽自動車等といいます。)の所有者に対して課税されます。なお、令和元年10月1日より、種別割と環境性能割の二種類の課税方法になりました。

種別割、環境性能割について

 ○種別割

 従来の軽自動車税の課税方法と同様、毎年4月1日時点で富谷市内に主たる定置場(車両の置き場所)を置いている軽自動車等の所有者に課税されます。毎年5月中旬に納付書を発送しております。

 ※軽自動車等を4月2日以降に廃車の手続きをされても、その年度分は全額納めることになります。

 ○環境性能割

 令和元年10月1日以降に軽自動車(三輪以上)を50万円以上で取得した場合、取得価額に税率を乗じた税額が所有者に課税されます。環境性能割は申告納付とし、原則申告書に証紙を貼って納税します。

 ※当分の間は宮城県県税事務所にて納付することになります。

種別割の税率について

 種別割の税率については以下のとおりとなります。

車種税率
原動機付自転車50cc以下2,000円
90cc以下2,000円
125cc以下2,400円
ミニカー3,700円
小型特殊自動車農耕用2,400円
その他5,900円

軽二輪車

(側車付のものを含む)

125cc超~250cc 以下3,600円
被けん引車
二輪の小型自動車250cc超6,000円

 軽三輪車および軽四輪車は、車両の初年度検査日によって税率が区分されます。

車種税率
平成27年3月31日以前に初年度検査を行った車両平成27年4月1日以降に初年度検査を行った車両初年度検査から   13年経過した車両
軽三輪車3,100円3,900円4,600円

軽四輪車乗用

営業用5,500円6,900円8,200円
自家用7,200円10,800円12,900円
軽四輪車貨物営業用3,000円3,800円4,500円
自家用4,000円5,000円6,000円

 また、軽三輪車および軽四輪車については、燃費基準の達成状況により初年度検査を行った翌年度に種別割が軽減されます。(グリーン化特例)

車種軽減される税率と対象車
税率を概ね75%軽減税率を概ね50%軽減税率を概ね25%軽減

軽四輪車乗用

電気自動車

令和2年度燃費基準

+30%以上達成車

令和2年度燃費基準

+10%以上達成車

軽三輪車および

軽四輪車貨物用

電気自動車

平成27年度燃費基準

+35%以上達成車

平成27年度燃費基準

+15%以上達成車

車種税率
税率を概ね75%軽減税率を概ね50%軽減税率を概ね25%軽減
軽三輪車1,000円2,000円3,000円

軽四輪車乗用

営業用1,800円3,500円5,200円
自家用2,700円5,400円8,100円
軽四輪車貨物営業用1,000円1,900円2,900円
自家用1,300円2,500円3,800円

環境性能割の税率について

 環境性能割の税率については以下のとおりとなります。(対象は三輪以上の軽自動車)

 ※取得価額×税率=環境性能割

 乗用車の場合

区分税率
自家用営業用
電気軽自動車・天然ガス軽自動車等非課税非課税

ガソリン車

及び

ハイブリッド車

平成30年排出ガス50%低減

または

平成17年排出ガス75%低減

令和2年度燃費基準+10%達成非課税非課税
令和2年度燃費基準達成1%0.5%
平成27年度燃費基準+10%達成2%1%
上記以外2%2%

 ※自家用車については軽減措置として、令和元年10月1日から令和2年9月30日の取得期間は税率が1%軽減されます。

 貨物車の場合

区分税率
自家用営業用
電気軽自動車・天然ガス軽自動車等非課税非課税

ガソリン車

及び

ハイブリッド車

平成30年排出ガス50%低減

または

平成17年排出ガス75%低減

平成27年度燃費基準+20%達成非課税非課税
平成27年度燃費基準+15%達成1%0.5%
平成27年度燃費基準+10%達成2%1%
上記以外2%2%

減免について

 条例により、公益のため使用される軽自動車等(例:社会福祉目的に使用)や身体障害者の方が所有する軽自動車等は減免が適用されることがあります。詳細については、このページの連絡先(税務課軽自動車税担当)までお問合せください。

登録や廃車等の手続きについて

 原動機付自転車または小型特殊自動車(農耕トラクター等)の登録や廃車等の手続きは、富谷市になります。

各種手続きに必要なものは以下のとおりです。

手続き内容

必要なもの
購入した場合 納税義務者印、販売証明書
譲り受けた場合 納税義務者印、廃車申告書、譲渡証明書(旧所有者の記名と捺印のもの)
市内の方に譲り渡す場合 納税義務者印、標識交付証明書
市外の方に譲り渡す場合 納税義務者印、標識交付証明書、ナンバープレート
住所変更の場合 納税義務者印、住所を確認できるもの
廃車の場合 納税義務者印、標識交付証明書、ナンバープレート

 ※受付窓口は市役所1階税務課窓口および各出張所窓口になります。

 ※平成29年3月22日よりご当地ナンバープレート(原付用)の交付を開始しております。ナンバーを交付申請される場合は従来のナンバープレートと、ご当地ナンバープレートを選択できます。どちらも手数料はかかりません。

 ご当地ナンバーについてはこちらをご覧ください。

 ※車両が盗難にあった場合は警察に盗難届を提出した後に廃車手続きを行ってください。その際、届出年月日、被害年月日、届出警察署、盗難届の受理番号が必要になります。

 

 その他の車種の手続きはこちらで確認してください。なお、事前に必要書類を電話にてご確認ください。

車種

手続き先
軽三輪車および軽四輪車

○宮城県軽自動車協会

 住所:仙台市宮城野区中野4丁目1番地の38

 電話:022-388-6033

軽二輪および二輪の小型自動車

東北運輸局宮城運輸支局

 住所:仙台市宮城野区扇町3丁目3番15号

 電話:050-5540-2011

 

継続検査用納税証明書について

 軽自動車税の納税通知書を発送する際に、継続検査用の納税証明書も通知書に併せて送付します。納税の際に収受印が押印されますので、そちらを車検時にお使い下さい。

 ※年度途中で車両を購入された方や納税証明書を紛失された方は、改めて証明書を発行しますので、車検証をお持ちのうえ市役所1階税務課窓口および各出張所窓口にお越しください。(代理の方でも発行できます。)

 

 

 

 

 


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>