ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 市民税 > 市民税・県民税(よくある質問)について

市民税・県民税(よくある質問)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

住民税はどこへ支払うのですか?

  1. 単身赴任の場合
    Q1
    私は、現在単身赴任中で、住所は富谷市にありませんが、住宅が富谷市にあります。この場合、富谷市に住民税を払うのでしょうか?
    A1
    均等割がかかります。市内に住所のない人が、自分の居住用に設けられた住宅を持っている場合、現に住んでいるかいないかにかかわらず均等割がかかります。別荘などをもっている人も該当します。
  2. 引っ越した場合
    Q1

    私は、1月5日にA市から富谷市へ転入してきました。住民税はどこへ支払えばいいですか?
    A1
    A市です。住民税は、その年の1月1日現在の住所地でかかります。
  3. 退職後の住民税
    Q1
    私は、昨年8月に退職し、その後無収入です。住民税はどうなりますか?
    A1
    住民税は前年の所得に対して課税され、1年遅れて徴収されますので、あなたの場合、昨年の1月から8月の収入に対する税金が、今年かかることになります。
    Q2
    私は、今年7月末日で会社を退職します。平成16年度市県民税の7月分は給料から差し引かれますが、退職後はどのようにして残りの市県民税を納めればよいのでしょうか?
    A2
    給与所得者の場合は、年税額を6月から翌年の5月まで12回に分けて、会社が毎月の給料から差し引いて納入することになっています。あなたの場合は、退職のため今年8月から来年5月までの分が給料から差し引けなくなりますので、残りの分について、あらためて納税通知書をお送りいたします。
  4. 納税通知書
    Q1
    納税通知書が2回届きましたが、どちらの納税通知書で納めるのでしょうか?
    A1
    税額の変更により、納税通知書をお送りしておりますので、納税通知書の日付を確認いただき日付の新しい納税通知書で納めていただくことになります。

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>