ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 長寿福祉課 > 【介護保険事業所向け】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に係る要介護(要支援)認定の臨時的な取扱いについて

【介護保険事業所向け】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に係る要介護(要支援)認定の臨時的な取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月19日更新

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的として、介護保険施設や病院等において、入所者等との面会を禁止する等の措置がとられる場合があります。
 これにより、当該施設等に入所している被保険者への認定調査が困難な場合について、厚生労働省から認定の臨時的な取扱いについて [PDFファイル/37KB]が示されております。

 このことを受け、本市では介護保険の認定調査のために必要な本人への面会ができなくなる場合については,次のとおり臨時的な取扱いをします。

 

 <対象施設>以下の条件をすべて満たすこと

(1) 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,介護認定調査のための調査員も含めて面会を禁止する介護保険施設や病院等の施設

(2) 令和2年9月までに有効期間が満了となる要介護(要支援)認定者が入所(入院)している施設


 <対応>

 次の手続きにより本市が承認した当該施設に入所(入院)している更新予定者について、従来の有効期間を12ヶ月延長する。

 <手続き>

 施設単位で、更新予定者や従来の認定有効期間等を「要介護認定の臨時的な取扱い申出書」に明記のうえ、下記提出先までご提出ください。
 対象となる更新予定者に対する取扱いの説明と同意については、申出を行う入所(入院)している施設において行ってください。
 なお、今後の動向を注視する必要があることから、申出書の提出は更新月ごとに取りまとめのうえ提出してください。


 <申出書様式>

 非常事態(感染症等)による要介護認定の臨時的な取扱い申出書 [Wordファイル/15KB]

 

 <提出期限>

 認定有効期限が満了となる日の前々月末日

 

 <申出書の提出先>

  富谷市保健福祉部長寿福祉課   (022-358-0513)

  富谷市保健福祉総合支援センター  (022-348-1138)

 

 <その他>

・この取扱いは、更新申請に限ります。
・新規申請及び区分変更申請について、面会の禁止等の措置が解除後に行います。
・延長期間中に状態が変化した場合は、区分変更申請ができます。
・申出の承認後、有効期間を延長した被保険者証を当該被保険者あてに送付(簡易書留)いたします。事業者の方は、新しい被保険者証にて有効期間の確認をお願いいたします。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>