ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 介護 > 介護が必要になったら

介護が必要になったら

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新

 介護サービスを利用するには、富谷市に申請をして、要介護及び要支援認定を受ける必要があります。介護サービスを利用するまでの流れはつぎのようになっています。

相談

介護サービスが必要になったら、まずご相談ください。お電話でも来庁でもお気軽に、ご相談ください。
 ↓ 

申請

つぎに申請となります。
要介護・要支援認定申請
<申請に必要なもの>
  1. 介護保険被保険者証
  2. 健康保険被保険者証(40歳~65歳未満の方のみ)
 ↓ 

認定調査

市の調査員が自宅等を訪問し、心身の状況などについての調査を行います。また、市から主治医宛に心身の状況について意見書の作成を依頼します。
 ↓ 

審査・判定

訪問調査の結果によるコンピュータ判定と医師の意見書を基に「介護認定審査会」で審査し、要介護状態区分の判定が行われます。
 ↓ 

認定・通知

介護認定審査会の審査結果にもとづいて「自立(非該当)」「要支援1~2」「要介護1~5」までの区分に分けて認定され、その結果を通知します。
 ↓ 

認定通知を受けとったら

居宅サービスを希望する方は、介護支援専門員(ケアマネジャー)を選びましょう。また、施設サービスを希望する方は、施設に直接申し込みをしてください。
 ↓ 

介護サービス計画の作成

認定結果を基に、心身の状況に応じて介護支援専門員(ケアマネジャー)と話し合い、介護サービス計画を作成します。施設に入所して利用する介護サービスについては、入所する施設内で介護サービス計画を作成して利用することになります。

お問い合わせ

保健福祉総合支援センター
所在地 : 〒981-3311
宮城県富谷市富谷桜田1-1
Tel : 022-348-1138
Fax : 022-348-1137

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>