ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 選挙 > 選挙人名簿の登録について

選挙人名簿の登録について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新

選挙人名簿は、選挙権のある人をあらかじめ登録しておいて、投票の時に照合することによって、選挙の公正を保つためにつくられる名簿です。したがって、選挙の際は、選挙権があっても、この名簿に登録されていない人は投票することができません。

被登録資格

  1. 引き続き3ヶ月以上富谷市に住所を有していること。
  2. 年齢満18年以上であること。
  3. 日本国民であること。

以上の要件を充たし、住民基本台帳に3ヶ月以上記録されていなければなりません。したがって、住所の異動等があった場合は、住民基本台帳に基づく異動届を14日以内に市役所、出張所に提出して下さい

登録の種類

【登録の種類一覧表】
定時登録毎年3月、6月、9月、12月の1日(基準日)現在により調査し、同日に登録
選挙時登録選挙のつど基準日、登録日を定めて登録

 選挙人が一度登録されれば、登録資格に異動を生じない限り永久に登録され、脱漏や誤載、二重登録などが防がれています。もし、資格があっても登録されていないことがわかった場合は、補正登録を行います。

名簿の閲覧

 平成28年12月に行われた公職選挙法の一部改正により、縦覧制度は廃止され閲覧制度に一本化されました。

  →選挙人名簿の閲覧について

在外選挙人名簿

年齢満18年以上の日本国民(居住国へ帰化等により日本国籍を失った方は対象になりません。)で、引き続き3ヶ月以上その方の住所を所管する領事館(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する方(ただし、公民権停止されていない者)が、在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口に行って申請することにより登録をされる在外選挙人名簿があります。
 在外選挙人名簿に登録されることにより、衆議院議員及び参議院議員選挙の投票ができます。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>