ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市役所 > お知らせ > 改元に伴う文書等の取扱いについて

改元に伴う文書等の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月10日更新

改元に伴う文書等の取扱いについてお知らせします

改元に伴う文書等の取扱いについて

 本市から発送する文書などの日付は,従来から原則として和暦を使用しています。5月1日に元号が「令和」に改められ,同日以後に市から発送する文書などについては,原則として「令和」を用います。

※4月30日までに発送する文書は「平成」を使用します。

 ただし,事務処理の時期や情報処理システムの関係から,5月1日以後の日付の文書や納税通知書などであっても,事務処理の都合上,「平成」と表記されることがあります。

 元号が改まった後においても「平成」と表記されている文書などについては,法律的に効果が変わることはありませんので,有効なものとして取り扱います。

 なお,改めて文書などの発行や発送は原則として行いませんので,文書などにおいて「平成」と表記される部分は,「令和」に読み替えていただきますよう,ご理解とご協力をお願いします。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>