ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

養子離縁届について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

届出期間

協議離縁の場合は届出した日から効力が発生しますので届出期間はありません。調停又は裁判離縁の場合は、調停の成立又は裁判確定の日から10日以内の届出が必要です。

届出の場所

養親又は養子の本籍地、届出人の所在地、住所地のいずれかの市町村の役所に届出してください。

届出に必要なもの

届出人等

協議離縁の場合は、養親と養子双方が届出人になります。養子が15歳未満の場合は、法定代理人が養子に代わって届出人となり、それぞれの印鑑が必要となります。またこの縁組に関係の無い成年者(20歳以上)で養子離縁の事実を知っている証人二名の署名・押印が必要となります。
調停及び裁判離縁の場合は、離縁の訴えをした者が届出人になりますが、届出期間である10日以内に届出しなかった場合には、訴えの相手方から届出することもできます。届出用紙は市民課又は出張所窓口で配付しております。届出用紙は全国共通なので、他市町村の用紙でも問題ありません。

戸籍謄本(全部事項証明書)

本籍地以外の役所に届出される場合に必要です。(本籍地が富谷市の方が富谷市に届出する場合は不要です。)

調停調書の謄本、審判又は判決の場合はその謄本と確定証明書

調停離縁の場合は調停調書の謄本、裁判離縁の場合は審判又は判決の謄本と確定証明書が必要となります。

本人確認書類

協議離縁の場合には、届出人が本人であることの確認をお願いしております。本人確認の方法としては、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・その他官公署発行の写真入り身分証明書等を提示していただきます。
届出人の本人確認ができない場合、来庁者が使者の場合、勤務時間外及び休日に届出があった場合には、届出人に対して届出があった旨をお知らせする通知を郵送でお送りいたします。

※本人確認ができない場合に届出を受理できないということではございません。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>