ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍・証明 > 結婚・離婚 > 入籍届について(離婚した親の戸籍に子が入籍する場合)

入籍届について(離婚した親の戸籍に子が入籍する場合)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

届出期間

届出した日から効力が発生します。(家庭裁判所の許可だけでは効力は発生しませんのでご注意ください。)

届出の場所

住所地、本籍地のいずれかの市町村の役所に届け出てください。

届出に必要なもの

届出人等

入籍する子が15歳未満の場合は、親権者が届出人となります。15歳以上の場合は入籍する子本人が届出人になります。

氏の変更許可審判書謄本

事前に家庭裁判所から氏の変更許可を得て、審判書の謄本を添付してください。

戸籍謄本(全部事項証明書)

入籍する子の戸籍謄本と、これから入籍する親の戸籍謄本が必要です。(本籍地に届出する場合は不要)

印鑑

届出人の印鑑が必要です。

関連して手続が必要となるもの

国民健康保険証(健康推進課 358-0512)

加入している方の氏が変わる場合に必要です。

その他(子育て支援課 358-0516)

児童手当や各種医療給付を受けている方は、お子様の氏名変更の届出が必要となります。

【富谷市に届出する場合の添付書類の例】
入籍する子の本籍地入籍する親の本籍地必要な添付書類
富谷市富谷市氏の変更許可審判書謄本
富谷市他市町村氏の変更許可審判書謄本、入籍する親の戸籍謄本
他市町村富谷市氏の変更許可審判書謄本、子の戸籍謄本

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>