ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍・証明 > 住民票 > 証明書取得時の本人確認の実施について

証明書取得時の本人確認の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

平成18年5月1日より、本人になりすました第三者からの虚偽の証明書申請を未然に防止し、個人情報の一層の保護を図るために、すでに実施しております戸籍届出や住民異動届と同様に、証明書の交付申請に来庁された方および郵送手続きされた方の本人確認をさせていただきます。何卒ご協力お願いいたします。

本人確認の方法

本人が申請する場合

窓口に来た方が申請人本人であるということを運転免許証等の身分証明書で確認させていただきます。

代理人が申請する場合

窓口に来た方が『委任状』又は『代理人選任届』に記載されている代理人本人であることを、本人申請の場合に準じて確認させていただきます。

郵送での申請の場合

郵送での申請の場合は、申請書等の必要書類の他に運転免許証の写し等を同封していただきます。

何も身分証明書をお持ちで無い場合

何も身分証明書をお持ちで無い場合は、こちらからいくつか質問させていただいて確認させていただきます。

身分証明書(本人を証明する書類)となるもの

運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、住民基本台帳カード、その他官公署発行の氏名等が記載された書類等

対象となる証明書

住民基本台帳関係住民票の写し、除票の写し
住民票記載事項証明書
戸籍の附票等
戸籍簿関係戸籍全部・個人事項証明
改製原戸籍謄抄本、受理証明書
届書記載事項証明書等
その他外国人登録原票記載事項証明書
身分証明書、各種税証明書

※今回の変更により、本人確認をすることができる場合には、申請書への押印を省略することができるようになりました。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>