ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍・証明 > 印鑑登録 > 印鑑登録(登録する本人が窓口にいらっしゃる場合)について

印鑑登録(登録する本人が窓口にいらっしゃる場合)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

 印鑑登録証明書は、個人の印鑑が、市の条例に基づいて登録されたものであることを公に証明するものです。
 富谷市の住民基本台帳に記録されている方、または外国人登録原票に登録されている方が、市での印鑑登録の対象となります。

届出する場所

市民課総合窓口、各出張所

届出に必要なもの

  • 印鑑登録申請書(氏名、生年月日、住所等の必要事項をお書きください)
  • 印鑑(登録する印鑑をお持ちください)
  • 官公署発行の写真入り身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)等)または印鑑登録申請者の保証書(写真入りの身分証明書を持ってない場合に市内で印鑑登録している方に本人であることを保証してもらう書)のどちらかをお持ちください

 その他

上記のどちらかによる方法で本人確認ができない場合は、本人宛に確認するための照会文書を郵送します。その後回答欄を本人が記入していただいた回答書を届出した窓口に提出していただきますので、登録するまでに若干の日数がかかります。また15歳未満の者及び成年被後見人は印鑑登録をすることができません。

登録できない印鑑

  • 氏名、氏または名を表していないもの。
  • 職業、資格などの氏名以外の事項を表しているもの。
  • ゴム印やその他の変形しやすいもの。縁が欠けているもの。
  • ゴム印や大量に製造市販されている印鑑(いわゆる三文判)。
  • 印影の大きさ(一辺の長さ)が8ミリ~25ミリ以内に収まらないもの。
  • 印影を鮮明に表しにくいもの。

手続きの流れは下記のようになります。

【登録手続きの流れ】
本人の場合代理人の場合
本人であることを、下記のいずれかの方法で確認できるものをお持ちの方。本人であることが、確認できるものをお持ちでない方。委任の旨を証明する書類(代理人選任届等)をお持ちの方。
  • 自動車運転免許証
  • 官公署発行の身分証明書で本人の写真が貼付されているもの(パスポートや住民基本台帳カードなど)
  • 保証書(市内で印鑑登録している方が登録印を押して本人に相違ないことを保証した書面。指定の用紙は、市民課及び出張所にあります。)


すぐに登録はできません。ご注意ください。

本人へ確認文書(照会書及び委任状)を郵送します。

すぐに登録できます。

照会書についている回答書に記入し、期限内に窓口へ提出してください。(代理人の方については、委任状も必要です。)      

登録証をお渡しいたします。(受領する方の印鑑が必要です。)

印鑑登録証や実印の紛失、登録印鑑の変更による届出

印鑑登録証を紛失した場合は、実印が有っても印鑑証明書の発行はできませんので、印鑑登録証亡失届により登録を廃止していただき、もう一度印鑑登録をしていただくようになります。また、登録印鑑を変更する場合や登録印鑑を紛失してしまった場合には印鑑登録廃止届により登録を廃止していただき、新たに印鑑登録をしていただくことになります。登録の際には、上記印鑑登録の手続きによる方法になります。

印鑑証明書

 印鑑登録証をお持ちになり、申請書に住所・氏名・生年月日を間違いなく記入していただければ、代理人でも印鑑証明書の交付が受けられます。
 本人が登録印を持参されて身分証明書(運転免許証等)を提示されても印鑑登録証がない場合は印鑑証明書の交付は受けられませんので、十分にご注意ください。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>