ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資源2種 ビン以外について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

資源2種(ビン以外)の見分け方、出し方、出すときの注意事項などをご案内します。

缶(アルミ・スチール)  ※ 1種でも収集します

  • 【缶(アルミ・スチール)】のマーク(右写真)を目安にしてください。
  • アルミ・スチールを一緒に出してください。
  • 青色のコンテナに入れます。(第2、第4週です。)
  • 収集日を確認してください。
  • ビン等の金属製のフタも出せます。  
  • 中を軽く水洗いしてください。
  • 収集後の選別がしやすいように、つぶさないで出してください。

アルミ・スチールのマーク
【アルミ・スチールのマーク】

缶イメージ
【缶イメージ】

 割れ物

  • 黒色のコンテナに入れます。(第2、第4週です。)
    収集日を確認してください。
  • 長辺または直径が30cm未満のものです。
  • 30cm以上でも、蛍光灯は出せます。
    (購入時の箱に入れて出しても結構です。)
  • 割れているものは、中の見える袋に入れてください。
  • 水銀体温計は袋などに入れ、「体温計」と書いてください。

第2種〔割れ物〕資源イメージ
【第2種〔割れ物〕資源イメージ】

 衣類

  • コンテナはありません。まとめて出して下さい。
  • きちんとたたんで、ひもで十字にしばります。
  • 汚れ物、下着類などは、もえるごみに出してください。
  • 布団などは粗大ごみになりますが、指定袋に入れれば、もえるごみとして出せます。
  • 雨の日などに出すのは、ご遠慮願います。

発泡スチロール・トレイ

  • 【発泡スチロール・トレイ】のマーク(右写真)を目安にしてください。
  • コンテナはありません。 まとめて出して下さい。
  • 水洗いをして、ひもで十字にしばるか、中の見える袋に入れて出してください。
  • リサイクルマークのついていないトレイは、「プラスチック容器包装」に出してください。
  • 風で飛ばないように、ある程度まとめて中の見える袋に入れて出してください。
  • 家電製品等を保護・固定する発泡スチロールも該当します。
  • 商店から出たものは「営業ごみ」ですので、集積所には出せません。

発泡スチロール・トレイのマーク
【発泡スチロール・トレイのマーク】

第2種〔発泡スチロール・トレイ〕資源イメージ
【第2種〔発泡スチロール・トレイ〕資源イメージ】


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>