ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・学び > 教育 > 支援・制度・相談 > 私立幼稚園就園奨励費の申請について

私立幼稚園就園奨励費の申請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月30日更新

令和元年度私立幼稚園就園奨励費の申請について

 私立幼稚園では、幼稚園教育の普及と保護者の経済的負担の軽減を図るため、入園料・保育料の減免(減免または免除すること)を行っています。
 この減免した分については、富谷市から幼稚園に対し補助金を交付しています。

減免対象となる方(次の1・2・3すべての条件に該当する方が、減免の対象となります)

  1. 保護者(単身赴任等の場合は除く)・園児とも富谷市に住所を有し(住民登録をしていること)、園児が就園奨励費対象の私立幼稚園に在園していること。
  2. 平成31年4月1日時点で、3~5歳の園児。または、満3歳に達し、翌年の4月を待たずに年度途中から入園する園児。
  3. 園児と同居する父母及びそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)の平成31年度(令和元年度)市町村民税所得割額の合計額が、下記【令和元年度減免額表】に定める基準額以下であること。(ただし、第1子に限る)

第〇子の数え方

  1. 減免ランクA・B・Cに該当する世帯の兄・姉の年齢上限はありません。ただし、生計を一にする者に限ります。
  2. 減免ランクD・Eに該当する世帯は、小学校3年生以下のお子さんから年齢が高い順に、第1子・第2子・第3子以降と数えます。

申込手続き

 毎年6月頃に各私立幼稚園から配布される申請書に必要事項を記入の上、各私立幼稚園に必要書類を提出してください。
 なお、途中入園した場合は追加受付がありますので、幼稚園からの指示に従ってください。

【令和元年度減免額表】
ランク減免区分減免上限額(4月~9月分)
第1子第2子第3子以降
生活保護を受けている世帯154,000円154,000円154,000円
当該年度に納付すべき市町村民税が非課税もしくは所得割額が非課税の世帯

136,000円(154,000円)

154,000円(154,000円)154,000円

当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が77,100円以下の世帯

 93,600円(136,000円)123,500円(154,000円)154,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割額が211,200円以下の世帯31,100円 92,500円154,000円
上記区分以外の世帯補助対象外 77,000円154,000円
 

B、Cランクの( )の金額はひとり親世帯・在宅障害児(者)のいる世帯の減免額

  

 

※令和元年度10月より幼児教育無償化が実施されるため、補助対象期間は4月から9月までとなります。 

※平成29年度に在園していた園児に限り、上記区分(C)・(D)の市町村民税所得割課税額を下記資料『階層基準ランク早見表【平成29年度在園児用】』に読み替えます。

 ※市町村民税の所得割課税額は調整控除以外の税額控除(配当控除、住宅借入金等特別税額控除、寄付金税額控等)を適用前の所得割課税額を用いて所得割階層区分を判定します。

 ※入園料と授業料の合計額が減免額に満たない場合には、当該支払額を限度といたします。ただし入園料は下記計算式にて算出します。

  『入園料×前期分(4月~9月まで)の保育料の支払い月数×年間在籍月数(百円未満を四捨五入)』

 ※途中入園、退園または一時休園で保育料の支払いがない場合、年額を月割りし、減免額を算出します。

資料

令和元年度幼稚園就園奨励費補助金について [PDFファイル/613KB]

階層基準ランク早見表【平成29年度在園児用】 [PDFファイル/129KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>