ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新

くらしのガイド

 児童手当とは

 児童手当は次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援するため、中学校修了前までの児童を養育している方に対して支給される手当です。

請求に必要なもの

    1.方の健康保険証の写し(国民年金の方は不要です。)
    2.受給者となる方名義のもの。)
    3.から転入した方は、1月1日時点の市町村からの所得証明書が必要となります。(平成27年中の所得を証明するもの)

※対象児童と別居している場合、申立書や児童の属する世帯全員の住民票の写し等の書類が必要となります。
※公務員の方は勤務先での手続きとなります。
※注意:市町村間の転入・転出や出生等の際は15日以内の申請が必要です。申請が遅れた月分の手当ては受給できなくなりますので、ご注意ください。
  

また、書類に不備があった場合は、後日提出することも可能です。

手当月額及び支給月

  1.手当ての支給は、認定請求した月の翌月から始まり、支給すべき事由が消滅した月で終わります。
   ただし、請求書の提出が出生(転入予定)日の翌月であっても当該日後から15日以内であれば、法律
   により出生(転入予定)月請求の扱いとなります。
  2.手当の支給額

児童手当 月額
児童の年齢児童手当の額(1人あたり月額)
 3歳未満 15,000円
 3歳以上~小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
 中学生 10,000円
 所得制限限度額以上の方 (0歳から中学生まで一律) 5,000円

  3. 手当の支給月は、6月(2月~5月分)、10月(6月~9月分)、2月(10月~1月分)となっております。

支給所得制限

 平成25年6月分以降の児童手当については、所得制限があります。
GU_846_20100331115816-1.JPG


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>