ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

2016市制施行

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月11日更新

富谷市

 
  平成28年10月10日、宮城県内14番目の市として富谷市が新たなスタートを切りました。

  富谷市では、2012(平成24)年の市制移行に向けたキックオフ宣言から、広報とみや等
での情報提供、関係機関との協議、市制移行準備室・市制移行推進会議設置などの組織づくりなどを行ってきました。

 2015(平成27)年10月に実施された国勢調査では、人口が5万人を超え、市に移行するためのすべての要件を満たしましたので、平成28年第1回町議会定例会(2月議会)に市制施行関連の議案を上程し、可決されました。
 
 その後、宮城県議会6月定例会で「富谷町」を「富谷市」とする議案が可決され、2016(平成28)年8月25日には、町を市とする処分の総務大臣告示が官報に掲載され、市制施行が正式に決定されました。

 このページでは、市になるための要件や市制後に変わること、これまでの取組み状況など市制に関する情報をお知らせします。

富谷市役所開庁式が行われました

 平成28年10月11日、富谷市役所として業務を行う最初の日です。市役所入口での銘板の除幕を行った後に、市民交流ホールにおいて開庁式が行われました。
開庁式

富谷市市制施行記念式典が行われました

 平成28年10月10日、市制施行の当日に、富谷武道館・富谷スポーツセンターを会場に市制施行記念式典を行いました。式典には、市民のみなさん、企業のみなさん、関係官公署・自治体代表者など約1,000名が参加し、特別表彰や感謝状の贈呈、小学生による「とみや未来メッセージ」の発表、中学生による「富谷市市民歌」の初披露が行われました。
 式典の閉式後には、祝賀の部が行われ、盛大に富谷市の市制施行をお祝いしました。

記念式典の概要

・日時 平成28年10月10日(月) 式典の部 午前11時から午後12時20分まで 
                     
祝賀の部 午後12時30分から午後1時30分まで

・場所 式典の部 富谷武道館  祝賀の部 富谷スポーツセンター

・参加者 約1,000人

・内容
   ・開式の辞
   ・国歌斉唱
   ・市長式辞
   ・市議会議長挨拶
   ・市制施行記念特別表彰
   ・感謝状贈呈
   ・祝辞
   ・来賓紹介
   ・とみや未来メッセージ
   ・富谷市市民歌披露
   ・閉式の辞
     ※祝賀の部の内容は省略させていただきます。

視聴 表彰

感謝状 未来

市民歌 鏡割り

富谷町役場閉庁式が行われました

 平成28年10月7日、富谷町役場としての業務終了後に、閉庁式が行われました。この日で最後となる「富谷町町民歌」を斉唱した後に、役場庁舎入口の看板を取り外しました。53年にわたる「富谷町」としての業務が終了しました。 

銘板取り外し 記念撮影

富谷市市制施行に関する官報告示

 平成28年8月25日付けの官報に「富谷町」を「富谷市」とする総務大臣告示が掲載されました。
 このことにより、平成28年10月10日の市制施行が正式に決定されました。 

  平成28年8月25日付け官報(抜粋) [PDFファイル/223KB]

宮城県知事に「富谷町を富谷市とすることについての申請書」を提出しました

 平成28年3月22日、富谷町長から宮城県知事に「富谷町を富谷市とすることについての申請書」を提出致しました。
今後、宮城県議会の議決や総務大臣の告示を経て10月10日に市制施行となり、「富谷市」として新たな歴史を歩み始めます。

宮城県知事に「富谷町を富谷市とすることについての申請書」を提出しました

市制施行PR事業 

 ・ ご当地ナンバープレートデザインの募集

 ・ 市制施行記念絵本の作成 

 ・ 市制施行記念切手&オリジナル年賀はがきの作成 ※(販売は終了しています)

 ・ 市制施行記念番組の放送 ※(放送は終了しています)

 ・ 市制施行カウントダウンカレンダー事業の実施

 ・ 市制施行記念協賛事業の募集

 ・ 「市制移行&(仮称)富谷市」のロゴマークデザインの作成

 ・ 広報とみやへの市制施行関連記事の掲載

市制移行に関する住民意向調査について

 平成24年4月の市制移行に向けたキックオフ宣言から、広報とみや等での情報提供、市制移行準備室の設置など、市制移行に関する準備を進めてきました。
 平成26年度には、住民の皆さんから市制移行に関してご意向やご意見を伺い、国に申請する際の参考資料とさせていただくための「住民意向調査」を実施しました。

 ※概要・調査報告書など



Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>