ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 地方創生 > 地方創生拠点整備交付金事業

地方創生拠点整備交付金事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

 地方創生拠点整備交付金は、未来への投資に向けて、地方公共団体の地方版総合戦略に基づく自主的・主体的な地域拠点づくりなどの事業について、地方の事情を尊重しながら施設整備等の取組を推進するために創設されたものです。

 具体的には、
  (1)ローカルアベノミクス、地方への人材還流、小さな拠点形成などにしする、未来への投資の実現に
   つながる先導的な施設整備を支援
  (2)Kpiを伴うPdcaサイクルを組み込み、従来の「縦割り」事業を超えた取組

 対象施設イメージは、
  ・ローカルイノベーションにしする公設試験研究機関の改修等
  ・地域経営の視点に立った観光地域づくりに効果的な観光施設の改修等
  ・地域全体としてのブランディング戦略の確立にしする収益施設等の整備
  ・生涯活躍のまちの推進にしする多世代交流の拠点施設の整備
  ・移住定住促進のために行う空き施設の改修等
  ・小さな拠点づくりにしする地域コミュニティ組織の日常的な活動の場として機能する基幹的な
   拠点施設の整備

上記を踏まえ、本市では次の事業を実施しました。 

 
事業名事業の概要事業年度
(仮称)富谷まちづくり産業交流プラザ整備事業 本市は、江戸時代、奥州街道の宿場町『富谷宿』として栄えた歴史を持っている。
 その宿場町の面影が残る富谷しんまち地区に位置する「旧富谷町役場庁舎」を改築し、「(仮称)富谷まちづくり産業交流プラザ」として、起業創業支援・人材育成事業、高齢者就労支援・地域貢献事業などを行う複合的な拠点施設として各事業を展開することにより、旧役場庁舎の再生を図り、しんまち地区の活性化、交流人口の拡大など、新たな賑わいの創造にしする施設とする。
 施設整備にあたっては、2020年の『富谷宿』開宿400年記念を踏まえた交流人口の拡大も視野に入れて整備を進める。

平成29年度

 


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>