ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 地方創生 > 富谷市人口ビジョン及び富谷市地方創生総合戦略について

富谷市人口ビジョン及び富谷市地方創生総合戦略について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

我が国の急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を改め、それぞれの地域で住みよい環境を確保し、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくため、まち・ひと・しごと創生法(平成26年法律第136号)が制定されました。国では、同法に基づき「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、都道府県や市町村に対しても総合戦略の策定を求めています。

この度、本市においても次のとおり「富谷市人口ビジョン」及び「富谷市地方創生総合戦略」を策定しましたので、公表します。

富谷市人口ビジョン

目指すべき将来人口について、合計特殊出生率は宮城県の人口ビジョンが掲げている考え方に準拠し、純移動は緩やかな流入人口の受入を目指すこととし、2060年での人口を約60,000人としています。

富谷市人口ビジョン [PDFファイル/2.49MB]

富谷市地方創生総合戦略

将来ビジョンとして「住みたくなるまち日本一 ~100年間ひとが増え続けるまち 村から町へ 町から市へ~」を掲げ、その実現のため「企業誘致の実現による新たな雇用の場の創出」「スイーツ等による「とみやシティブランドの確立」」「未来を担う子どもたちを育てる環境のさらなる充実」「生活圏を踏まえた暮らしやすさの一層の向上」の4つの基本目標を定めています。

富谷市地方創生総合戦略 [PDFファイル/772KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>