ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 国保に加入するとき・やめるとき

国保に加入するとき・やめるとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

 日常生活において、元気で健康に過ごせることが何よりも大切です。しかし、いつ病気や思わぬケガをしないとも限りません。
 このような時に、その医療費を全額負担することは経済的にも大きな負担になります。医療保険はそのような時に備えて、お互いが保険料(税)を出し合い医療費にあてる制度であり、私たちは「国民皆保険制度」のもと、いずれかの公的医療保険に加入しなければなりません。
 国民健康保険は、お住まいの都道府県および市町村によって運営されており、職場の健康保険などに加入している方や生活保護を受けている方を除いた人たちが加入します。

富谷市国保に加入するとき

 ・ 他の市区町村から転入したとき(職場の健康保険などに加入していないとき)
 ・ 職場の健康保険をやめたとき
 ・ 子どもが生まれたとき(職場の健康保険などに加入しないとき)
 ・ 生活保護を受けなくなったとき

富谷市国保をやめるとき

 ・ 他の市区町村へ転出したとき
 ・ 職場の健康保険などへ加入したとき
 ・ 死亡したとき
 ・ 生活保護を受け始めたとき

※ 国保への加入・脱退の手続きは、14日以内にお住まいの市区町村に届け出ましょう。

国保加入手続きに必要なもの

 職場の健康保険をやめたとき

 ・ 社会保険の資格を喪失した日がわかるもの
   (社会保険の資格喪失証明書・離職票・雇用保険の受給資格者証など)
 ・ マイナンバーカードもしくは個人番号通知書
 ・ 印鑑(認印)
 ・ 本人確認書類等(免許証等)

国保脱退手続きに必要なもの

 職場の健康保険に加入したとき

 ・ 社会保険の資格を取得した日がわかるもの
   (社会保険の保険証(加入した方全員分)・社会保険の資格取得証明書など)
 ・ マイナンバーカードもしくは個人番号通知書
 ・ 富谷市国民健康保険証
 ・ 印鑑(認印)

マイナンバーによる情報連携について

 マイナンバーによる情報連携(情報照会)の開始に伴い、資格喪失証明証等の各種添付書類の省略が可能となっています。しかし、マイナンバーによる情報照会については、提供者(過去に加入していた健康保険組合等)が資格喪失日などの情報登録を行っていても、即日照会できない場合や相当の日数を要する場合が想定されています。
 富谷市国保業務に関しては、情報連携の本格運用開始後も、確実に即日照会ができるようになるまでの間は、保険証の即日交付のためにも、引き続き各種添付書類の提出をお願いいたします。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>