ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 早めの熱中症対策をしましょう

早めの熱中症対策をしましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月12日更新

 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、
体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

 特に、急に暑くなる日や湿度の多い梅雨の時期から熱中症による健康被害が増え始めるため、早めの熱中症対策が必要です。

マスクによる熱中症に注意!

 新型コロナウイルスの影響もあり、暑い時期を迎えても多くの人がマスクをつけて過ごしています。
そんなときに心配されるのがマスクによる熱中症です。

 マスクを着用すると吸い込む空気が暖かくなり、冷たい空気が肺に届きにくいため、
体に熱がこもりやすくなるほか、マスクをして呼吸することで多くのエネルギーを使い、体温も高くなりやすいです。

 マスクによる熱中症の予防には、エアコンの活用やこまめな水分補給、休憩を増やす、
額や首を冷やして不快感を解消するといった工夫をしてみましょう。

 また、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントによると、マスク着用時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずすといった行動も必要となります。

熱中症はどのようにして起こるのか?

熱中症を引き起こす条件は、「環境」「からだ」「行動」によるものが考えられます。

「環境」の要因

気温が高い、湿度が高い、風が弱い

「からだ」の要因

激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じる

暑い環境に体が十分に対応できない

「行動」の要因

慣れない運動、長時間の屋外作業


これらの条件によって、熱中症を引き起こす可能性があります。

熱中症の症状 ~こんな症状があったら熱中症を疑いましょう~

熱中症の重症度を示す図

特に注意が必要な方

・幼児

特徴

・体温調節機能が未熟
・地面の照り返しにより高い温度にさらされやすい
・暑さや体の不調を、まだ自分の言葉で十分に訴えることができない

ポイント

・顔色や汗のかき方を十分に観察しましょう
・適切に水分補給ができるように声がけ、学習させましょう
・日頃から適度に外遊びをさせて暑さに慣れさせましょう
・熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、帽子などを身につけたりしましょう


・高齢者

特徴

・のどの渇きを感じにくくなる
・「暑い」と感じにくくなる
・汗をかきにくい

ポイント

・のどの渇きを感じる前に水分補給をする
・室温をこまめにチェックし、エアコンや扇風機等を活用する
・周りの人は、普段と様子が違うと感じたら、ためらわずに医療機関に受診させましょう

熱中症の対処方法

涼しい場所へ
 ・涼しい場所や日陰のある場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる

からだを冷やす
 ・首の周り・脇の下・太もものつけねなど太い血管の部分を冷やす

水分補給 
 ・飲めるようであれば、水分をこまめに取らせる


☆自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症予防

・室内では…

 扇風機やエアコンで温度を調節
 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
 室温をこまめに確認
 

・外出時には…

 日傘や帽子の着用
 日陰の利用、こまめな休憩
 気温や湿度の高い日は、日中の外出をできるだけ控える

・からだの蓄熱を避けるために…

 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす
 

☆のどの渇きを感じなくても、 こまめに水分を補給しましょう。
☆大量の汗をかいている時は塩分の入ったスポーツドリンクや経口補水液などで水分補給を。

 

熱中症についての情報はこちら

熱中症予防に関する資料

関連リンク


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>