ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

病気やけがをしたとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新

保険適用外または制限される医療

  • 正常分娩、経済上の理由による人工中絶
  • 健康診断、予防接種、美容整形、歯列矯正
  • 仕事上のケガや病気、労災保険の対象になる場合
  • ケンカや泥酔などによるケガや病気
  • 医師の指示に従わなかったとき
  • 犯罪やわざとした行為によるケガや病気

※ 下表での70歳以上の一定以上所得者とは、各種所得控除後の課税所得が145万円以上で、かつ年収が国保高齢者1人世帯の場合は、年収が383万円以上、国保高齢者2人以上の世帯の場合は、合算して520万円以上の方のことです。

【自己負担の割合】
年 齢自 己 負 担 割 合
小学校就学前まで2割負担
小学校就学時~69歳3割負担
70歳以上2割負担(昭和19年4月1日以前生まれの方は特例により1割)(※一定以上所得者を含む世帯の場合は3割負担)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>