ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 健康維持・増進 > 健康づくりのための適塩のすすめ

健康づくりのための適塩のすすめ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月10日更新

ご存知ですか?塩分の目標量が、男性8g未満、女性7g未満に改定されました!

 最近の日本人の食塩摂取量の推移などを参考に、生活習慣病の発症予防と重症化予防のため、目標量が改定されました。(日本人の食事摂取基準2015年度版より)

塩分摂取過剰にならないように、リーフレット「健康づくりのための適塩のすすめ」を活用しましょう!

 宮城県の食塩摂取量は、平成18年度から比べると少なくなっていますが、まだまだ目標より多いのが現状です。
 宮城県栄養士設置市町村協議会が作成したリーフレットを参考に食生活を見直し、主食・主菜・副菜をそろえた食事を心がけましょう。

リーフレットの内容

  • 食品に含まれる塩分量
  • 適塩生活はじめよう!5つのポイント
  • 食塩と血圧の関係(食塩が血圧を上げるしくみ)
  •  塩分の目標量が改定されました!

関連のリンク

適塩リーフレット(宮城県栄養士設置市町村連絡協議会)<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>