ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 上下水道 > 上水道 > 水が白く濁っていますが、どうしてですか

水が白く濁っていますが、どうしてですか

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月7日更新

ご質問

家の蛇口から白く濁った水が出ます。どうしてですか?

回答

 水が白く濁ったように見える現象が、主に夏場まれに発生します。
 この白い水は、水道水中に溶け込んでいた空気が、細かな泡となって出てきたため、白く濁ったような状態になる現象です。
 コップなどの容器に水を汲み、しばらく放置すると下のほうから徐々に透明になります。空気の混入によるものなので、白濁の状態でも健康に害はありません。安心してご使用ください。
 ただし、放置しておいても白濁したままであれば、上下水道課にご相談ください。

 (水が白く濁る原因は、気温の上昇に伴い水温が上がり、水中に溶け込んでいた空気が出てくるためです。水道本管内の水には圧力がかかっており、通常より多くの空気が溶け込むことができます。このため、水は蛇口から出ると解放され常圧に戻り、過飽和となった空気等をガス化して一気に放出します。非常に細かい泡となるため、水全体が白く濁って見えたり、時には、白い異物が混入したように見えることがあります。)


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>