ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・学び > 子育て支援 > 医療 > 自立支援医療費(育成医療)について

自立支援医療費(育成医療)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

自立支援医療(育成医療)とは

 身体に障がいのある18歳未満のお子さんが現在かかっている病気や障がいの治療を受けることで、将来、生活しやすくなると認められた場合に、その治療のための医療費(入院、通院)の一部を軽減するものです。

対象者

 18歳未満で自立支援医療(育成医療)を必要とする児童

助成範囲

 世帯の所得区分に応じて負担あり、但し、区分に応じて負担上限月額があります。

支給対象

 視覚障害、聴覚・平衡機能障害、音声・言語、そしゃく機能障害、肢体不自由、内部機能障害などによるもの

 ※対象は0歳から18歳の誕生日の前日までです。また子ども医療費助成と合せて使用できます。

手続きに必要なもの

  1.  自立支援医療(育成医療)支給認定申請書
  2.  自立支援医療(育成医療)意見書(指定医療機関の医師が記載したもの)
  3.  医療保険証 
  4.  所得に関する証明書
  5.  印鑑
  6.  継続申請の方は前の受診券

 ※入院の場合は入院中に申請が必要です。退院後の申請は認められませんのでご注意ください。


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>