富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長について

更新日:2022年12月21日

新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長について

 新型コロナワクチンの有効期間は、ワクチンを製造・販売する企業において収集された、一定期間保存した後の品質に関するデータに基づき、薬事上の手続きを経て設定されます。 
 現在使用されている新型コロナワクチンの有効期間は、薬事上の手続きを経て、以下のとおり延長されています。

新型コロナワクチンの有効期間

    • 12歳以上用ファイザー社製ワクチン
      ワクチン/変更日 令和3年
      9月10日
      令和4年
      4月22日
      令和4年
      8月19日
      令和4年
      12月15日
      12歳以上用、
      1価:起源株の有効期間
      6か月→9か月 9か月→12か月 12か月→15か月
      12歳以上用、
      2価:起源株/オミクロン株の有効期間
      12か月→18か月
    • 5歳~11歳用ファイザー社製ワクチン
      ワクチン/変更日 令和4年
      4月22日
      令和4年
      12月15日
      ファイザー社ワクチン
      (5~11歳用)の
      有効期間
      9か月→12か月 12か月→18か月
    • 6か月~4歳用ファイザー社製ワクチン
      ワクチン/変更日 令和4年
      12月15日
      ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)の有効期間 12か月→18か月
    • モデルナ社製ワクチン
      ワクチン/変更日 令和3年
      7月16日
      令和3年
      11月12日
      モデルナ社ワクチンの有効期間 6か月→7か月 7か月→9か月

参考:「ファイザー社ワクチン及びモデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて」(令和4年12月16日事務連絡)

ファイザー社製ワクチンの有効期限の見分け方について

【ファイザー社ワクチン(12歳以上用)】
➀ファイザー社ワクチン(12歳以上用、1価:起源株)のうち、別添1にあるロットNoのバイアルについては、有効期間が6か月または9か月であるという前提で印字されているものです。そのため、別添1を参考に、新しい有効期限は印字されている有効期限より長いものとして取り扱います。

➁ファイザー社ワクチン(12歳以上用、2価:起源株/オミクロン株)のうち、別添4にあるロットNoのバイアルについては、有効期間が12か月であるという前提で印字されているものです。そのため、別添4を参考に、新しい有効期限は印字されている有効期限より長いものとして取り扱います。
 なお、ファイザー社ワクチン(12歳以上用、2価:起源株/オミクロン株)に関しては、ワクチンシールに有効期限の記載はありません。

(別添1)ファイザー社ワクチン(12歳以上用、1価_起源株)の有効期限
(別添4)ファイザー社ワクチン(12歳以上用、2価_起源株・オミクロン株)の有効期限

【ファイザー社ワクチン(5~11歳用)】
 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)のうち、別添2にあるロットNoのバイアルについては、有効期間が6か月または9か月という前提で有効期限が印字されているものです。そのため、別添2を参考に、新しい有効期限は印字されている有効期限より長いものとして取り扱います。
 なお、ファイザー社ワクチン(5~11歳用)に関しては、ワクチンシールに有効期限の記載はありません。

(別添2)ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限

【ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)】
 ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)のうち、別添5にあるロットNoのバイアルについては、有効期間が12か月という前提で有効期限が印字されているものです。そのため、別添5を参考に、新しい有効期限は印字されている有効期限より長いものとして、取り扱います。
 なお、ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)に関しては、ワクチンシールに有効期限の記載はありません。

(別添5)ファイザー社ワクチン(6か月~4歳用)の有効期限

モデルナ社製ワクチンの有効期限の見分け方について

「最終有効年月日」が令和4年(2022年)3月1日以前と表記されているもの(バイアルロット№3004733のバイアルを除く)については、有効期間が6か月であるという前提で印字されていますので、接種することができる有効期限は印字されている有効期限より3か月長くなっています。

また、「有効期間7か月のロット一覧」に掲載されているロットは、有効期間が7か月であるという前提で印字されていますので、接種することができる有効期限は印字されている有効期限より2か月長くなっています。

(別添3)モデルナ社ワクチンの有効期限