富谷市

『住みたくなるまち日本一』をめざして

基礎疾患がある方、高齢者施設等に従事している方のワクチン接種について

更新日:2021年06月10日

基礎疾患がある方、高齢者施設等に従事している方のワクチン接種について

基礎疾患があり入院・通院している方や高齢者施設等に従事している方は、優先接種の対象です。
優先接種の期間は、6月27日(日)までのため、接種を希望される方は早めにご予約ください。

基礎疾患があり入院・通院している方
身体の状態をよく知っている「かかりつけ医」のもとで接種してください。
かかりつけ医で接種を実施していない場合は、個別接種医療機関一覧に記載の医療機関または集団接種にて接種をしてください。

高齢者施設等に従事している方
住民票のある自治体の会場・医療機関での接種となります。
勤務先の施設が発行する証明書(指定様式)を接種時に会場・医療機関へ提示する必要があります。

個別接種 6月14日から富谷・黒川管内医療機関の予約開始

6月14日(月)から市内及び黒川郡内の医療機関での個別接種の予約が開始します。
接種券が届く前でも予約することができます。(接種券は6月17日(木)発送の予定です)

接種会場:市内及び黒川郡内の医療機関
     ※基礎疾患がある方は、市内市外問わずかかりつけの医療機関で接種することができます。

接種日時:医療機関により異なります

予約方法:希望する医療機関へ直接ご予約ください

医療機関:接種できる医療機関の一覧はこちら(PDF)

コロナワクチンナビでは、各医療機関の予約の空き状況を確認することができます。
厚生労働省「コロナワクチンナビ」

大規模集団接種 接種券が届き次第ご予約ください

接種券発送予定:6月17日(木)に接種券発送を予定しています。

接種会場:富谷スポーツセンター
接種日時:1回目の接種日にあわせて2回目の接種日が決まります。
     1回目と2回目の接種時間は同じ時間になります。

接種1回目 接種2回目 接種時間
6/26(土) 7/17(土) 9:00~17:00
6/27(日) 7/18(日) 9:00~16:00


予約方法:接種券をお手元に準備の上、下記3つの方法いずれかにてご予約ください。
     予約締切日は、6/23(水)までです。

① 電話予約 ☎0570-08-1038 ② WEB予約 ③ LINE予約
1)富谷市新型コロナワクチン
  コールセンターに連絡する。
2)コールセンターのスタッフに
  希望日時を伝える。

1)集団接種予約ページにアクセス
2)画面の指示に従い、必要事項を
  入力する。


1)LINEのお友達登録をする。
2)トーク画面メニューにある
  予約サイトにアクセスする。
3)画面の指示に従い、必要事項を
  入力する。


交通手段:各公民館を回る無料シャトルバスが運行します。
     バス時刻表等は、こちらのチラシをご覧ください。

基礎疾患がある方とは

基礎疾患がある方とは、以下の①~⑯に該当する方のことです。

① 慢性の呼吸器の病気
② 慢性の心臓病(高血圧を含む)
③ 慢性の腎臓病
④ 慢性の肝臓病(肝硬変等)
⑤ インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
⑥ 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
⑦ 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
⑧ ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
⑨ 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
⑩ 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
⑪ 染色体異常
⑫ 睡眠時無呼吸症候群
⑬ 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
⑭ 知的障害(療育手帳を所持)
⑮ 重い精神疾患(入院中、手帳を保持している、自立支援医療で「重度かつ継続に該当」)
⑯基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方 ≪BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)≫

高齢者施設等の具体例

介護保険施設
介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護医療院
居住系介護サービス
特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護
老人福祉法による施設
養護老人ホーム、経費老人ホーム、有料老人ホーム
高齢者住まい法による住宅
サービス付き高齢者向け住宅
生活保護法による保護施設
救護施設、更生施設、宿所提供施設
障害者総合支援法による障害者支援施設等
障害者支援施設、共同生活援助事業所、福祉ホーム
重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)
その他の社会福祉法等による施設
社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)、生活困窮者・ホームレス自立支援センター
生活困窮者一時宿泊施設、原子爆弾被爆者養護ホーム、生活支援ハウス、婦人保護施設、更生保護施設
矯正施設(※患者が発生した場合の処遇に従事する職員に限る)