ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 介護 > 居宅介護支援事業に関する事業所指定(更新)等の手続きについて

居宅介護支援事業に関する事業所指定(更新)等の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

居宅介護支援事業所に関する事業所指定(更新)手続について

 平成30年4月より、指定居宅介護支援事業者の指定権限が都道府県から市町村へ移譲されました。
 提出する期限は新規指定申請の場合は2か月前、指定更新申請の場合は、有効期限満了の1か月前までとなります。変更申請については変更日の10日以内に提出して下さい。

1 新規申請について

 居宅介護支援事業を行うには、事業所ごとに所在市町村の指定を受ける必要があります。
新規に指定を受けようとする際は、書類提出の前にご相談ください。

 (1)指定申請の手順

 1.事業開始2ヶ月前の月末までに指定申請書の提出

 2.申請書受理後、人員、設備及び運営基準等を満たしているか審査

 3.基準等を満たした場合、指定事業所として指定・付番通知

 ※申請書様式は、下記の「添付書類一覧」を御確認のうえフラットファイル【A4番(A4-S)2穴】に綴って提出してください。

 (2)添付書類一覧

 (3)提出書類様式

介護給付費算定に係る体制等の様式

2 指定更新申請について

 有効期限満了の1か月前までに指定更新申請書を提出してください。
 添付書類は新規指定申請の添付書類一覧を参照してください。

3 変更及び廃止等について

変更届

 指定事業者は、介護保険施行規則に定める事項に変更があったときは、変更内容について届出を行う必要があります。

加算の変更

 加算の算定を変更する場合は届出が必要です。

 提出時期は以下のとおりです。

 15日以前に提出 → 翌月1日から算定
 16日以降に提出 → 翌々月1日から算定

 加算の算定ができなくなった場合も手続きを行ってください。

廃止・休止・再開 届出

 事業を廃止または休止する場合は、廃止または休止の日の1か月前、再開した場合は、再開の日から10日以内に届出する必要があります。

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>