ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 地域・学校・家庭をつなぐ取組み

地域・学校・家庭をつなぐ取組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

恰好支援地域本部事業

「学びのまち富谷」へ

 市では「学びのまち富谷」をスローガンに、小中学校に学校図書補助員の設置、小学校に特別支援教育支援員の設置、とみや子どもまつりの開催、とみや豊壽大学の開講など、学校教育や生涯学習施策を積極的に展開しています。
 地域と学校を結ぶ事業としては、平成18年度から学校評価システムに取り組み、地域から信頼され、地域とともに育つ魅力ある学校づくりを実践してきました。この学校評価システムは保護者や地域住民の方からご意見を伺い、地域に開かれた評価によって教育活動や学校運営の改善につなげているものです。現在「地域と学校をつなぐ取組み」として、すべての小中学校で実践しています。
 また学校の先生が講師、地域の方が受講生となって、音楽や料理、科学遊びなど幅広いジャンルで実施してきた「とみやユーマイタウンセミナー」。
 地域と学校の連携をさらに深めるため、名称を変更し「とみやティーチャーズ・スクール」として新たに生まれ変わりました。

地域とともに育つ学校

 これまでも地域と学校が一体となった取り組みは行われてきましたが、より確かな連携にするため、平成24年度から「富谷町 地域・学校・家庭をつなぐ取組み」としてスタートしています。
 地域と学校との協働の推進役として公民館を学校支援地域本部とし、各中学校区がそれぞれのテーマに沿って、学校と地域、公民館で子どもを育てる新たな体制を構築しました。地域コーディネーターを中心に教職員・公民館職員が連携し、地域とともに育つ学校を目指します。
 地域の皆さんが学校行事やとみやティーチャーズ・スクールへの参加、学校支援ボランティアとしての協力によって、子どもたちの豊かな学びと地域のきずなが深まり、一人一人の生きる幸せへとつながります。
※学校支援地域本部は、地域教育協議会、地域コーディネーター、学校支援ボランティアで構成されます。地域コーディネーターは、公民館に窓口を置き、地域と学校の連絡調整を行います。

期待される効果

(1)学校教育活動の更なる充実

地域の包容力に支えられたさまざまな体験・経験により、子どもたちの豊かな学びが実現します。

(2)生涯学習社会の広がり

地域住民が自らの知識・経験を子どもたちの教育に生かすことができます。

(3)地域住民同士のきずなを深める

地域住民が学校・公民館とともに協働することで、地域のきずなが深まり、かかわる一人一人が生きる幸せを実感し、笑顔輝く地域となります。

中学校区でテーマを掲げています

富谷中学校区

本部:富谷中央公民館

テーマ

富谷の伝承文化を大切にしよう

学校

富谷小学校、富谷中学校

富谷第二中学校区(鷹乃杜地区は除く)

本部:あけの平公民館

テーマ

ふれあいの時を求めて

学校

あけの平小学校、富谷第二中学校

日吉台中学校区と鷹乃杜地区

本部:富ケ丘・日吉台公民館

テーマ

私たちが生活する環境を大切にしよう

学校

富ケ丘小学校、日吉台小学校、日吉台中学校

東向陽台中学校区

本部:東向陽台公民館

テーマ

本に親しもう

学校

東向陽台小学校、東向陽台中学校、明石台小学校

成田中学校区

本部:成田公民館

テーマ

音楽で心を重ねよう

学校

成田東小学校、成田小学校、成田中学校

テーマに取り組むこどもたちの写真

 平成28年度 富谷市地域・学校・家庭をつなぐ取組 学校支援地域本部活動報告 [PDFファイル/2.82MB]

 平成29年度富谷市地域・学校・家庭をつなぐ取組パンフレット [PDFファイル/4.52MB]

「富谷市地域・学校・家庭をつなぐ取組」の評価・検証に関するアンケート調査結果報告書 [PDFファイル/1.15MB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>