ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

観光

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

大亀山森林公園(おおがめやましんりんこうえん)

 富谷市(とみや市)のシンボルのひとつ「大亀山森林公園(おおがめやましんりんこうえん)」では、豊(ゆた)かな自然(しぜん)が、優(やさ)しく楽(たの)しく迎(むか)えてくれます。太平洋(たいへいよう)や七ツ森(ななつもり)を眺(なが)めることができる展望台(てんぼうだい)や、ソリ遊(あそ)びが楽(たの)しめるちびっこゲレンデ、アスレチックなどがあります。
ソリを持(も)って、さっそく大亀山森林公園(おおがめやましんりんこうえん)に行(い)ってみよう!

※冬季(12~3月)はちびっ子ゲレンデ及び亀亀館は閉鎖しています。

アスレチックちびっこゲレンデ

 

榊流永代神楽(さかきりゅうえいだいかぐら)

榊流永代神楽
 榊流永代神楽(さかきりゅうえいだいかぐら)は、1848年(ねん)から大亀地区(おおがめちく)にある鹿島天足別神社(かしまあまたりわけじんじゃ)(大亀神社(おおがめじんじゃ))で行(おこな)われている伝統(でんとう)ある神楽(かぐら)です。衣冠装束(いかんしょうぞく)に面(めん)をつけて、楽器(がっき)は大太鼓(おおだいこ)・小太鼓(こだいこ)・七孔(ななこう)の笛(ふえ)のみで、古事記(こじき)などの神話(しんわ)を題材(だいざい)にしています。

動物愛護(どうぶつあいご)センター

 みんなが動物愛護(どうぶつあいご)の気持(きもち)をもつように、宮城県(みやぎけん)が設置(せっち)した施設(しせつ)です。
センターには、ふれあい広場(ひろば)があり、仔犬(こいぬ)やモルモットのほか、うさぎやポニーなどが飼育(しいく)されていて、ふれあうことができます。

動物愛護センターホームページ<別ウィンドウ><外部リンク>

 

動物愛護センター

 


このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>