ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画政策課 > 低炭素水素サプライチェーンの実証を開始

低炭素水素サプライチェーンの実証を開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月3日更新

 株式会社日立製作所、丸紅株式会社、みやぎ生活協同組合及び富谷市は、環境省の「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択され、この度、実証に関する設備が完成しました。

 実証設備の完成を受け、本日(8月3日)、みやぎ生協富谷共同購入物流センターにて運用開始式を行い、開始式では、土井復興副大臣、村井宮城県知事をはじめ関係者の出席の下、水素を充填した水素吸蔵合金カセットを、利用先の一つである富谷市立日吉台小学校児童クラブ棟へ配送し、燃料電池に取り付けられる様子が会場内のモニターで生中継されました。

 本実証では、水素を充填した水素吸蔵合金カセットを、富谷市内にあるみやぎ生協組合員の家庭3軒、みやぎ生協店舗及び日吉台小学校児童クラブ棟に配送し、エネルギーとして利活用します。1年以上設備を運用し、2020年3月までに成果をまとめる予定です。

 日立、丸紅、みやぎ生協及び富谷市は、本実証の結果を踏まえて、富谷市で構築したサプライチェーンを宮城県内全域から東北地域や全国に向けて拡大することで、二酸化炭素を排出しない未来都市の実現に貢献していきます。

詳細は、プレスリリース資料 [PDFファイル/307KB]をご覧ください。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>