ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

移住・定住をお考えの方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月31日更新

富谷市は、仙台市に隣接し、住みよい都市環境と豊かな自然環境を併せ持っています。着実に人口増加を続け、2015年の国勢調査をふまえ、2016年10月10に「町」から「市」になりました。
まだまだ発展を続ける富谷市が目指すものは「住みたくなるまち日本一」です。

発展を続ける富谷市

住む情報

住宅地紹介

 昭和46年に東向陽台団地が分譲されて以来、鷹乃杜団地、富ケ丘団地、あけの平団地、ひより台団地など計画的な宅地開発を行い市街地が拡大してきました。平成元年には明石台団地、平成7年には成田団地など全国的にも注目される住環境機能が集積した大型団地が分譲されてきました。
 現在、明石台地区で住宅地を分譲中です。

市営住宅

 市営住宅は、住宅に困窮している低所得者のための住宅です。
 申し込みには資格や条件があること、入居後も共同住宅のルールがあることをご理解のうえ、お申し込みください。
 募集を行う場合は、広報またはホームページでお知らせいたします。申込者多数の場合は、抽選となります。               

子育て情報

富谷市子育て支援サイト「とみやっこ」

 子育てに関する支援をまとめたサイトです。ぜひ、ご覧ください。

子育て支援センター「とみここ」

 妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援の拠点として、平成29年4月にオープンしました。
 母子健康手帳の交付、乳幼児健康診断、予防接種のほか、月2回(月曜日)、0歳から未就園児のお子さんと保護者の方を対象に遊びのスペースを設け、和室を開放しています。

とみここ

子ども医療費助成制度

 子育て世帯の経済的負担軽減を図るため、平成27年10月1日から助成対象年齢を「18歳年度末まで」に拡大しています。(小学校4年生以上の通院にかかる助成については、保護者の所得制限があります。)

第3子以降小学校入学祝金支給事業

 第3子以降の子どもが小学校に入学する際に、監護する保護者等に対して入学祝金を支給し、子育て家庭の経済的負担の軽減と少子化対策を行っています。

 【金額】 一人3万円

充実した保育施設

 待機児童解消に向けて保育体制の強化に取り組み、平成30年4月1日現在における待機児童をゼロにすることができました。
 市内には、4つの市立保育所、6つの私立認可保育所、3つの小規模保育園、3つの家庭的保育室、1つの認定こども園があります。
 また、富谷市にお住まいで生後6ケ月から小学2年生までのお子さんを養育している保護者の方を対象に、お子さんが病児・病後児で集団保育等が困難であるが、保護者の方が勤務等の都合で家庭での保育が出来ない場合に、病児・病後児保育を実施しています。

児童クラブ

 保護者(父母等)が就労等により、昼間家庭にいない児童を預かり適切な遊びや生活の場を提供し、児童の健全な育成を図るところです。
 富谷小学校学校区以外の学校区につきましては、各小学校敷地内での児童クラブ実施となります。

教育情報

教育

 【外国青年招致事業】
  外国語指導助手(ALT)を活用し、言語、文化の理解や積極的なコミュニケーションの育成などに努めています。

 【市立小学校英語等支援員配置業務】
  平成32年度からの指導要領改訂における英語必修化に対応するため、全小学校に英語等支援員を配置し、教諭やALTの英語活動や学習指導の充実を図っています。

 【市立小中学校コンピュータ教育事業】
  各小中学校において、Ict機器、ソフトウェア、コンテンツの充実を図っています。

 【スクールカウンセラー事業、スクールソーシャルワーカー事業、とみや子どもの心のケアハウス事業】
  専門的な知識・経験を持ったスクールカウンセラーを各小中学校に1名ずつ配置、2名のソーシャルワーカーを配置し、生徒指導上の課題への支援や児童生徒の悩みや問題行動等の改善に向けた取り組みをおこなっています。
  また、子どもの心のケアハウス事業では、不登校傾向や不登校の児童生徒及び保護者への支援をおこなっています。

仕事情報

富谷市まちづくり産業交流プラザ(Tomi+(とみぷら))

 Tomi+(とみぷら)は、新たな起業家の発掘と継続的な支援のほか、様々な立場のヒトが集い繋がることで活気あふれるコミュニティの輪を創り、新しいモノやコトを生み出すための地方創生プラットフォームです。 

 【所在地】
  〒981-3311 
    宮城県富谷市富谷新町95

 【営業時間】 
  9時00分~21時00分 ※休業日:年末年始、その他臨時休あり

 【連絡先】
  電話:022-341-2622
  Fax:022-341-2630
  Mail:sangyoukankou@tomiya-city.miyagi.jp
 
 ※その他、施設利用、料金等の詳細は、Tomi+(とみぷら)のページをご覧ください。

とみぷら

中小企業振興資金

 市内に住所及び事業所等を有し、事業を営んでいる個人または法人(中小企業信用保険法施行令に規定する業種の営業を行っている中小規模の企業者)に対し、市が、一定額の利子補給と信用保証料の負担を行います。

求人情報(ハローワーク大和)

 ハローワーク大和が発行している求人情報を掲載しています。

 ハローワークインターネットサービス<外部リンク>

生活情報

医療機関をお探しの方へ

 【みやぎのお医者さんガイド】<外部リンク>
  宮城県にある病院・医院の情報を提供しており、所在地や診療科からの検索が出来ます。関連リンクをご参照ください。

 【こどもの救急】<外部リンク>
  厚生労働省研究班/社団法人 日本小児科学会により監修されたホームページです。生後1か月から6歳のお子さんを対象年齢とした「おかあさんのための救急&予防サイト」です。関連リンクをご参照ください。

休日当番医のご案内

 休日に診療を行っている病院、医院をお知らせします。
 症状等により、休日当番医での対応が困難な場合は、他の医療機関をご案内する場合があります。
 あらかじめ、医療機関(休日当番医)に電話で問い合わせてください。

広報とみや

 市からのお知らせ、市での出来事、各種講座や様々なイベント情報等を掲載して、月1回、毎月1日に発行しています。
 特集の内容は動画でもご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

富谷市ソーシャルメディア

 公式ホームページはもちろん、公式フェイスブック、ツイッター、インスタグラムにより様々な情報を発信しています。
 各種イベントや公民館事業の様子、実施予定の行事などをリアルタイムに発信していますので、ぜひご覧ください。

公共交通情報

富谷市民バス

 市民の皆さまの「身近な移動手段」として6つの路線で運行しています。公立黒川病院、富谷中央病院、イオン富谷店、公共施設などへのアクセスに便利です。

市民バス

◆高齢者・障がい者外出支援乗車証(とみぱす)

 
バス・地下鉄等の運賃を年間2万円分(うち1割は自己負担)助成することで、高齢者・障がい者の皆さんの外出を支援する「とみぱす」事業を行っています。
 詳細は、広報とみや2018年5月号掲載「平成30年度 外出支援乗車証「とみぱす」交付申請受付開始」 [PDFファイル]の記事をご覧ください。 

災害に備えて(助成事業)

富谷市危険ブロック塀等除却事業

 危険ブロック塀等を除却する方に、除却費用の一部及び除却後に生け垣やフェンス等を設置する費用の一部を助成します。

富谷市木造住宅耐震診断助成事業

 木造住宅の耐震診断を行い、耐震改修計画書を作成します。 

富谷市木造住宅耐震改修工事助成事業

 富谷市木造住宅耐震診断助成事業の結果に基づき、耐震改修工事を実施する方に対して、その費用の一部を助成します。

富谷市について

市のプロフィール

富谷市の歩み

富谷市の地勢

富谷市の位置

富谷市市民歌

関連情報

みやぎ移住ナビ<外部リンク>

全国移住ナビ<外部リンク>

ふるさとチョイス<外部リンク>

 

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>