ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月2日更新

熱中症に注意しましょう

記録的な猛暑が続いています。8月も厳しい暑さが続くと予想されています。
暑さへの反応はひとりひとり異なりますので、少しでも体調の変化を感じたら無理をせず、適切な対処行動をとりましょう。

熱中症

熱中症とは

 熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。
 資料:厚生労働省「熱中症の予防のために」より抜粋・一部加筆

熱中症の症状 ~こんな症状があったら熱中症を疑いましょう~

【軽度】
 めまい、立ちくらみ、大量に汗をかく

【中等度】
 頭ががんがんする(頭痛)
 体がだるい(倦怠感)
 吐き気、吐く

【重症】
 立てない、けいれん、意識がない

対処法

  1. 涼しい場所へ避難する
  2. 衣服を脱がせて、氷のうやアイスパックで、わきの下や首、足の付け根を冷やす
  3. 冷たい水分・塩分を補給する
  4. 水分が取れない、症状が回復しないときは医療機関へ

  ★ 意識がないときは直ちに救急車を呼びましょう!

熱中症を予防するためには

  • 暑さを避ける
     室内では、扇風機やエアコン、遮光カーテン、すだれ等を上手に活用しましょう。
     外出時は、日傘、帽子を着用し、体の蓄熱を避けるため、通気性のよい服装をしましょう。
     
  • こまめに水分補給をする
     のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。

特に注意が必要な方

  • 高齢者
    熱中症による救急搬送者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。
    高齢者は、暑さを感じにくく、のどの渇きを感じにくい特徴がありますので、のどが渇かなくても水分を補給しましょう。
    一人で生活している高齢者の方には、ご家族やご近所などの周囲の方々が声をかけてあげましょう。

  • 幼児
    幼児は、体温調整機能が十分発達していないため熱中症のリスクが高くなります。
    また、身長が低いため地面からの照り返しの影響を強く受け、高い温度にさらされやすい状況です。
    保護者の方は、十分に観察し、水分補給や休息などを促しましょう。

関連リンク

 熱中症予防に関する資料


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>