ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 栄養成分表示を活用して健康づくりに役立てましょう!

栄養成分表示を活用して健康づくりに役立てましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月16日更新

栄養成分表示を活用して、健康づくりに役立てましょう!

栄養成分表示は、健康づくりに役立つ重要な情報源です!

 平成27年4月1に食品表示法が施行され、容器包装された加工食品には栄養成分表示として、「熱量」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「食塩相当量(ナトリウム)」が必ず表示されることになったことはご存知でしょうか?
 この5つの項目は、生命の維持に不可欠であるとともに、日本人の主要な生活習慣病と深く関わっています。

 栄養成分表示を見れば、気になる栄養成分がどのような食品に多いのか少ないのか、どのくらいの量が含まれているのかを知ることができます。
 栄養成分表示でどのような栄養的な特徴があるのかを知り、上手に食品を選ぶことで、あなたやあなたの大切な人たちの健康づくりに役立ててみませんか?

5つのテーマに焦点をあてた栄養成分表示の資料を紹介します!

 テーマごとに栄養成分と生活習慣病予防との関わりについての理解を深め、健康づくりに役立つ食品選択のポイント等がわかる資料を消費者庁が作成しました。
 ぜひ、ご活用ください。

 (1) 栄養成分表示ってなに? [PDFファイル/987KB]

 (2) 適正体重の維持 [PDFファイル/695KB]

 (3) 食事の質を見直す [PDFファイル/753KB]

 (4) 減塩社会への道 [PDFファイル/750KB]

 (5) 高齢者の低栄養予防 [PDFファイル/759KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページを紹介する
  • Twitterボタン<外部リンク>
  • Facebookボタン<外部リンク>